健康・医療の豆知識 夏の話題

紫外線が危ない?! 基礎知識を身につけよう

Written by たき

夏に向けて気になるのが

紫外線対策

少し前までは、美容や美白にこだわる女子だけの問題のように思われていましたが、最近は子供、男性、お年寄り、すべての人が気にすべき問題になってきていますよね。

男がそんなの気にするなんて!

なんて考えていたらもう時代遅れですよ!

今回はまずは紫外線の基礎知識についてまとめてみました。



スポンサーリンク

紫外線(UV)とは?

太陽光の一部として地球上に届く紫外線。

見ることも感じることもできない光線です。

太陽光は、目に見える光可視光線が52%、暖かさとして感じることのできる光赤外線が42%、そして残りの6%が紫外線という割合で成り立っています。

紫外線は、可視光線や赤外線よりも波長が短くエネルギーが大きいので物質に化学変化をおこさせやすいという特徴があります。

紫外線の種類

実は6%の紫外線をさらに3種類に分けることができます。

UVA波

大気にあまり吸収されずに地表に到達します。

  • シミ
  • シワ
  • たるみ
  • ソバカス

といった皮膚の老化の原因になります。

UVB波

最近問題になっている紫外線の話はこのUVB波が中心となります。

成層圏のオゾンにより大部分が吸収され、残りが地表に到達します。

UVA波のように穏やかなダメージではなく、非常に強力で短期間で皮膚にダメージを与えてしまいます。

皮膚ガンに発展することもありますので注意が必要です。

UVC波

成層圏またはそれよりも上空のオゾンと酸素分子によって全て吸収されますので現在は地表には到達していません。

UVB波より強力な紫外線です。

以上の3つにわけられます。

オゾン層の破壊が進んで地表に多く届くようになってしまったUVB波が発がん性の危険もありすべての人によくないとされているんですね。

さらにオゾン層の破壊が進んでしまうとUVC波まで地表に届いてしまう可能性も・・・

UVB波よりも強力な紫外線ですので恐ろしいですよね。

紫外線が多い時期

真夏が一番紫外線が多い時期かと思いがちですが、実は5~7月が一番紫外線が多く地表に降り注いでいます。

6月といったら梅雨ですよね。

お天気が悪い日が多いのに紫外線量が多いなんて油断できません。

真夏になって

紫外線対策をしないと….

といっていても遅いですね。

紫外線が多い時間帯

一日の中で紫外線が特に多い時間帯は、午前10時から午後2時の間

この時間帯のお買い物などは避けた方がよさそうです。

オゾン層の破壊に伴って紫外線も強くなってきているんですね。

対策も以前ほど悠長なことはいってられません。

次回は、紫外線対策について解説いたします。

まさケロンのひとこと

ちゃんと紫外線対策をせんと、お肌のトラブルの元になるでぇ~
車を運転する人でも、日よけの手袋をはめてる人もおるんやで!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。