禁煙成功への道

JTが英国の電子タバコ会社を買収。日本国内での販売は未定

Written by 言祝(kotoho)

英国のシェア19パーセント

「イーライツ」ブランドで知られるザンデラ社

日本たばこ産業(JT)は英国の電子タバコ会社、ザンデラを買収すると発表しました。

ザンデラは「イーライツ」ブランドの電子タバコで知られ、2014年3月期の売上高は2700万ドル(約27億円)英国の電子タバコ市場で

19パーセントのシェア

を持っています。

日本での電子タバコ発売への足かがりとなるのではないかとの見方もありますが、現時点では日本での発売は未定とのこと。

英国以外でも販売予定

買収は9月までに完了する予定であり、JTは英国以外でも電子タバコを販売する方針を打ち出しています。

海外での電子タバコ事業が好調であれば日本でも発売するかもしれません。



スポンサーリンク

海外では大人気の電子タバコ

そもそも電子タバコとは

電子タバコという言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、実際に使用している人は多くないと思います。

筆者も先日、電子タバコを吸っている人を初めて見かけました。

一見するとふつうのタバコのように見えますが、筆者が見たそれは少し太めでフィルターにあたる部分が銀色で妙にメカニカルな感じでした。

煙の量は通常のタバコと同じぐらいですが、タバコの煙がいつまでも消えずに周囲を漂っているのに対し、電子タバコの煙はすぐに消えてなくなってしまうように見えました。

またタバコ特有の臭いがありません。

Wikipediaによれば電子タバコとは

液体を発熱により霧状化し、その微粒子を吸うことでタバコの代替えとする製品

とのこと。

Amazonで検索してみると、スターターキットが

3000~4000円程度

で購入できます。

すべて輸入品のようです。

海外では愛好者増。日本では?

欧州や米国では電子タバコの愛用者が増えているとのこと。

タバコと違って副流煙が発生しないため他人に迷惑はかけないし、喫煙者自身の健康を害することもないため人気があるそうです。

テレビなどのメディアが海外での電子タバコブームを紹介したのがきっかけで、日本でもその名が知られるようになり、タバコの代替え品として徐々に市民権を得つつあるようです。

禁煙ムードが高まる中での今回のJTの買収、日本での発売、そして普及を目指したうえでの施策なのかどうかは不明です。

現行のタバコにとって変わるものとして、大きく成長するかどうか見届けていくことにしましょう。

まさケロンのひとこと

電子タバコを吸ってる人ってあんまし見たことないなぁ~
JTによって、電子タバコが日本でも広まっていくとええな!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」