夏の話題

パンツの日のアンケートに見る「勝負パンツ」の認識?!

Written by すずき大和

8月2日は

パンツの日

だって知っていましたか?

パンツといっても

アウターのボトム(つまりはズボン)のことではなく、下着のパンツのほうですね。

下着メーカーさんが1984年に制定したそうで、毎年この日は、いろいろなメーカーが販売促進のイベントなどを行っています。

国内大手のメーカー

ワコール

が2013年のパンツの日に因み行ったアンケート調査の質問項目が、ちょっと面白いので、ご紹介いたします。



スポンサーリンク

パンツのクラス分けカテゴリーが面白い

エース級パンツから1軍、2軍まで、パンツの使い分け実態

これワコールの調査発表記事の見出しの一部です。

「調査概要」として

パンツを階層に分けている男女 500 名を対象にインターネットによる調査を実施

と書いてあり、その階層分けの説明として、以下の注釈がついています。

エース級パンツとは・・ここぞという勝負の時に使うパンツ

1 軍パンツとは・・普段よく着用している、着用頻度が高いもの

2 軍パンツとは・・1 軍から落ちてきたもので捨てるまでではないが着用頻度が少なく、主にタンスの中にしまわれている

ああ、なるほどね。

そう言われると、自然とそんな風に分かれているような気もします。

言葉が変わるとニュアンスもちょっと変わる

エース級パンツとは、いわゆる俗に

勝負パンツ

と言われるものかと思います。

芸能人が初めに言い出した「勝負パンツ」という言葉は、言った男性が“そういう意味”で使っていたせいもあり、どうもわいせつなシーンとつながるイメージがあります。

が、「エース級パンツ」と言われると、別にそういうシチュエーションに限らず、他人に見られてもいい時とか、何かシャキッと気合をいれたい時にだけはく、ちょっとグレードの高い(と思える)パンツ、というニュアンスになる気がします。

アンケートの回答分析を見ても、女性の多くが「旅行」の時にはくと答えており、それを証明しているようです。

女性の2割、男性の1割は「いざ」という時を想像?

一方、男性の過半数が答えた1位のシチュエーションは、

  • デート
  • 合コン
  • お見合い

でした。

これって、やはり“そういう意味”の認識の人が多いのでしょうか?

という気もしなくもないですが、2位に

大事な場面(商談・プレゼン・試験など)

が、これも過半数の支持で入っているので、やはり

気合を入れたい時

のニュアンスのほうかな、と思います。

女性も

  • デート
  • 合コン
  • お見合い

が実は2位に入っています。

デートはともかく、合コンやお見合いで即“そういうシチュエーション”になることはあまりないと思います。

が、エース級として選ぶ理由として、20%強の女性10%強の男性

  • セクシーさをアピールできるもの
  • 異性に見せてもいいもの

をあげているので、そのくらいの割合の人は、やはり“そういう意味”の勝負パンツと認識しているのでしょう。

メーカーの思惑は、購買意識を探ること

どんなものなら高くても買ってくれるのか

下着メーカーがやっているアンケートなので、話題作りもあるでしょうが、詰まるところの目的は、現代の男女の貞操意識の分析ではなく

エース級パンツとして選ぶのはどんなものか

のほうの回答であると思われます。

エース級

つまりちょっとグレードが高く、値段の高いものであっても、ここぞという時の為には惜しまず買ってもらえるのは、どんなものなのか?

が一番知りたいのでしょう。

回答項目も

  • 好きな色
  • 好きな柄
  • 肌触り・素材
  • 着用感がいい

などなどメーカーが重視するべき点をあげてありました。

1軍と2軍の違いは、何を聞きたいのだろう?

そういう意味でとらえると、

1軍とは

気に入ってずっと使うもの

2軍とは

買ってはみたけれどなんとなく気に入らずに使わなくなったもの

が知りたいのかな、と想像できます。

が、説明の中に

1軍から落ちてきたもの

という文言を入れてしまったので、実際の回答では3~4割近くの人が

  • 年季が入っている
  • 痛んでいる

をあげていました。

これ、聞く意味あるのかな?

という回答だと思うのは、考えすぎですかね。

記事には、他にも、

女性が彼氏(夫)と自分のパンツどちらにお金をかけているか

とか

夏は一日に何回パンツをはき替えるか

などの回答分析もあり、パンツを通していろいろな人の行動や内面がわかる感じで、なかなか面白かったです。

まさケロンのひとこと

こんなアンケートやってるねんなぁ~
下着メーカーの人も、アンケート結果からどんなものが売れるか試行錯誤してるんやろうな!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。