住まい・暮らし

東京のような都会に住むメリットとデメリットは??

Written by Kai

こんにちわ、皆さんはどんな場所に住んでいますか??

僕は今は静岡に住んでいてのんびり暮らしていますが、以前は東京に住み、満員電車に揺られながら仕事へ行っていました。

東京のような都会に住むことに関してはメリットデメリットは多いと思います。今回はそんな都会に住むことのお話です。



スポンサーリンク

都会に住むメリット

電車での移動が便利

電車社会にいる人より、車社会にいる人の方が多いかと思います。車通勤ですと結構不便が多いんです。運転中は車内カラオケくらいしかできませんから。

それが電車通勤になると移動中も自分の時間になるんです。

車と電車の通勤の同じ一時間でも、車通勤は運転が一時間、電車通勤では読書等で自分の知識やスキルアップにつなげる一時間にすることができます。

また、お酒を飲んだ後の移動も便利です。

車社会では代行を頼まなければいけませんが、電車社会では自分で電車に乗り帰ることができます。これによりお酒の距離もかなり近くなります。

なんでもある

基本的にはなんでもあります。

欲しいもの食べたいもののお店は東京などの都会を中心に展開されているので、少し移動すれば基本的にはそのお店に行くことができます。

最近ではネット販売でなんでも手に入りますが、食べ物屋さんではそれがかないませんし、服ですとものを見て買えますので失敗が少なくて住みます。

また、地方にはないような面白いお店もいろいろあります。

東京ですと地区によって雰囲気がかなり違うところですから、地方で少し移動するより色々な景色や体験ができます。

イベントごとに参加しやすい

世の中には様々なイベントがあります。その始まりの会場は人が多い都会になります。

コンサートに始まり、ゲームや車のイベントごとも都会で開かれています。

地方から都会に移動して参加するのと、電車の乗り継ぎで簡単に会場に行ける環境では参加できる確率が格段に上がります。

都会に住むデメリット

家賃がかなり高い

都会の家賃はかなり高いです。

地方では2LDKが借りられる金額で都会では1Rなんてことも全く珍しくありません。住む場所は確保しなければなりませんから、家賃はどうしても削ることができません。

満員電車はやばい

電車社会では満員電車に乗るのを避けることができないことが多いです。

朝の通勤ラッシュの満員電車はとにかくやばいです。押し込む担当がいるくらいだから中の人の状況は想像しなくても辛いのがわかります。

しかし、車社会でも当然「渋滞」がありますので、どちらの辛さに耐えられるのかというところです。

ものすごい人混み

渋谷の交差点は毎日がお祭り状態です。

どの時間でもかなり人がいますし、空いている時間は電車がなくなった夜中くらいなものです。渋谷だけではありません、どこへ行ってもかなりの人がいます。

人混みが苦手な人には絶対耐えることのできない状況になっています。

お店の待ちが多い

ご飯屋さんで並んだりするのは結構当たり前です。

並ばなくても人がたえず入ったりしてくるので気持ち的にはゆっくり食事を取ることができません。

オフィス街のお昼時なんて悲惨です。少しでもお昼時から遅れるとどこもかなり混んでしまい、妥協したご飯を選ばなければいけなくなります。ゆっくりとしたご飯を食べるなら家が一番になってしまうので少し寂しいです。

街が結構汚い

都会は割と全体的に汚いです。

よく空気が汚いと言いますが、街もなかなかです。人が多いので当たり前といえば当たり前ですが、地方に比べて同じ系列のお店でも綺麗さは地方に軍配が上がります。

都会はいいが地方もいい

結構代表的なメリットデメリットの紹介でしたが、代表的になるくらいやはりインパクトがあります。都会に何を求めて行くのか、本当に都会に住む適性はあるのかを慎重に判断し引っ越しをしたりして欲しいと思います。

皆さんはどちらが好きですか??

ご覧頂きましてありがとうございました。

まさケロンのひとこと

都会に住んでると田舎に憧れて、田舎に住んでみると都会の良さもわかったり。どっちも経験してみるのがいいと思うな〜!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

Kai

静岡出身のフリーライターのKaiです。サッカーとapple製品が大好きです。現在は日常の小さな幸せを感じる事に本気を出してます。