住まい・暮らし

外こもりをするメリットは?人生の休憩にぴったり!?

Written by Kai


スポンサーリンク

みなさん、毎日疲れていませんか??

特に好きでもない仕事についている人は、毎日に疲れやストレスを感じるのではないでしょうか。

疲れやストレスを放っておくと、体に異変が起きてしまいます。異変は身体的な病気や、心の病となって現れてきます。

そうなる前に、疲れを取り除ける「外こもり」がおすすめです。

今回は外こもりについてのお話しです。



スポンサーリンク

外こもりって知ってますか??

外こもりって何??

外こもりとは、東南アジアなどの物価の安い国でのんびりと生活することを指します。

特に仕事をするわけでもなく、貯金の許す限りのんびりと生活し、毎日を送ることができます。

引きこもりとの違い

言葉は似ていますが、やっていることは全然違います。引きこもりは文字通り部屋に引きこもり、誰とも話したりしない生活を指します。

しかし、外こもりは割と活動的です。

「こもる」という言葉を使っているので、なんだかくらいイメージがあるかもしれませんが、結構アクティブに海外の生活を楽しむことができます。

外こもりのメリットは??

後ろめたさがない

仕事を辞め、のんびりと生活をするのって日本ではしにくいですよね??自分は良いと思っていても、必ず口を出してくる人がいるはずです。

海外に出れば、いちいち口出しをされることなくのんびり生活できますし、海外で会う日本人も同じような考えの人が多いので過ごしやすいです。

生活費が安い

日本では物価が高いので、貯金はあっという間になくなってしまいます。しかし、東南アジアなどで生活すればコストを圧倒的にさげることができます。

東京のワンルームを借りる金額で、タイではマンション内にジムの付いている部屋を借りれたりもします。

特に食や環境へのこだわりがなければ、コストを抑えるのは簡単です。

より過ごしやすい環境が見つかる

僕たちは日本人ですが、日本の社会に適していない人って沢山いると思います。

そんな人は海外で仕事をし、生活するという選択肢もありだと思っています。

外こもりをして、自分のライフスタイルにあった国を見つければ、その後その国で生活していくという選択肢を得ることができます。

外こもりのデメリット

日本の社会がキツくなる

日本て基本的にしっかりした国です。時間を守るし安全だし。それは個人個人がしっかりしているからこそできることです。

しかし、しっかりしすぎていて疲れることもあります。

日本を出てみると結構ゆるく生活している人が多いです。

バスが平気で遅刻したりするのは有名な話ですよね??

そういった環境に身をおいていると、日本社会のしんどさを痛感することになります。

そこをしんどいと感じるか、日本のしっかりした感じが好きと捉えるかは人それぞれですが・・・・・。

何ヶ月も外こもりをすると、日本社会て厳しいんだなと感じる瞬間が出てくると思います。

仕事を持っていないとお金がなくなる

当然ですが、仕事を持っていないとお金は減る一方です。

お金に関して割り切って行ける人はいいですが、貯金が少なくなってくることに不安を感じる人は向いていないかもしれません。

不安を感じる人は、少しでもお金を稼ぐ手段を持っていった方が、精神的にも楽に過ごせるのでおすすめです。

部屋にこもるな、外で健康的にこもろう

いかがでしたでしょうか。外こもりは、リフレッシュするのにはかなり向いていると思います。もちろん向き不向きは多少あるかとは思います。

部屋に引きこもり、気持ちもどんどん落ち込んでいくくらいなら思い切って外にこもった方が、楽しいし健康的です。

日々の生活に疲れてしまった人は、部屋にこもらず、1歩踏み出して外にこもってみてはいかがでしょうか。

ご覧頂きまして、ありがとうございました。

まさケロンのひとこと

場所によっては異世界に行ったような気持ちにもなれるかもだよね。

masakeron-love


スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

筆者情報

Kai

静岡出身のフリーライターのKaiです。サッカーとapple製品が大好きです。現在は日常の小さな幸せを感じる事に本気を出してます。