海外のこと

世界の豪華列車をご紹介。一生に一度は行ってみたいと思える!

Written by たき

一生に1度くらいは乗ってみたいものに豪華列車があると思います。

日本でも最近話題の

クルーズトレイン七つ星in九州

寝台特急カシオペア

などなど。

でも、世界にはもっと凄い列車あるのです。

今回は世界の豪華列車をご紹介したいと思います!



スポンサーリンク

ブルートレイン(南アフリカ)

ブルートレインがあるのは、日本から遠く離れた南アフリカ首都プレトリアからケープタウンまで1600km1泊2日で運行しています。

列車の客室と言ってもあなどってはいけません。

  • テレビ
  • 内線電話
  • 金庫
  • ドライヤー
  • 空調

まで各客室に備えられているんです。

しかも、列車なのにシャワーや中にはバスタブ付きの部屋まであるんですよ。

ほんとに動くホテルのようですね。

列車の全長は約380mで18両編成、客室の他に食堂車はもちろんラウンジやクラブまでついています。

料金は2,700~3,400USドル

日本からツアーなどで行かれる場合はツアー代込で、

70~100万円

くらいが多いようです。

マハラジャ・エクスプレス(インド)

その名にマハラジャと付くことに違和感などありません。

間違いなく名前に相応しい豪華列車です。

全24車両、総客数88名の豪華な旅を満喫できますよ。

こちらは2010年に運行を開始したばかりの比較的新しい線になります。

全客室にはそれぞれ

  • エアコン
  • インターネット
  • 液晶テレビ
  • ドライヤー

が備えられています。

スイートにはバスタブも!

ちなみに日本から行きますとツアー料金含めて100万円ほどのようです。

トランスカンタブリコ(スペイン)

こちらレオンからサンティアゴ・デ・コンポステーラまでを運行しています。

車両は全11と前の二つに比べ少くなめですが、その分ゆったり7泊8日の列車の旅を楽しめます。

せっかくの豪華列車ですもの、満喫したい方はこちらもお勧めです。

客室には

  • ミニバー
  • 金庫
  • 外線電話
  • バスルーム
  • 冷暖房完備

で室内音楽も付いています。

窓も大きめなので北スペインの景色をゆっくり楽しむことができますよ。

料金は日本円で27万~30万円くらいのようです。

厳密にドレスコードがないものもありますが、豪華列車の場合ほとんどがランチやディナーは少しおしゃれ目な格好で行くのがマナーのようです。

せっかく乗られるのですから行かれたら是非お洋服にもこだわられてみてくださいね。

いかがでしょうか?

どの列車も素敵ですね。

一生に1度は乗ってみたい列車ばかり。

たまには日本を離れて優雅な列車の旅もいいかもしれませんね。

まさケロンのひとこと

電車で景色を見ながらゆっくり旅行するのもええなぁ~
しかも、外国やったら日本とはまた違った景色が見れてたのしそやし!
いってみたなぁ~

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。