鉄道・路線バス

遅延証明書のもらい方はご存知ですか?

Written by ちょこばなな

雪や事故など自分ではどうにもできない不可抗力で、電車やバスが遅れてしまい、会社や学校に遅れてしますということ、交通公共機関を使って通われている方にはあると思います。

社会人なら余裕をもって多少早めに出てれば問題ないと思われる方もいるかもしれませんが、なんからの原因で1時間以上遅れてしまうこともありますから一概には言えませんよね。

そんな時会社や学校に提出すると、遅刻をしていないものとして配慮してくれる場合があるのが

遅延証明書

今回はこちらについて調べてみました。



スポンサーリンク

遅延証明書とは?

電車やバスの事業者が自社の電車やバスが遅延していたことを公式に表す為に発行されている証明書になります。

もらい方

一般的には遅延があった線の駅で配られています。

改札までいき、駅員さんに遅延証明書が欲しい旨を伝えるともらうことができます。

普通は改札で配られていますが、他の会社と同一のホームを使っている場合、ホーム上で配られる事もあるようです。

ちなみに途中で乗り換えをして別の線に乗り換えるなどされている方は

少しめんどくさいかもしれませんが、乗り換える時に改札口に寄って貰われるのが良いと思います。

WEBでも

一部の鉄道会社ではウェブサイト上でも遅延証明書を発行するサービスも行っていますが、これは本当にその電車に乗車していなくても入手することができるのでその旨も記載されています。

何分遅れから発行してくれるの?

鉄道会社によって少しずつ違うかもしれませんが、大体のところは5分から10分単位で遅延証明書を発行してくれます。

それより短い時間の場合は駅員さんに言えば直接発行してくれるようです。

ただ、5分程度の遅延だと証明書を会社に提出しても

「たった5分の遅延で遅れたのか」

と言われた方もいらっしゃるようですのでご注意を。

その5分で乗り継ぎとか色々ありますよね。

どんな理由であれ遅刻をするというのはいい気分ではありません。

交通公共機関が遅れたとかちゃんと理由があっても嫌な視線を感じてしまう気がしたり、そんな日に限って朝から大事な会議があったりなんかして・・・

遅刻しそうになると朝から焦ってしまっていらない事故を起こしてしまう可能性も高くなってしまいます。

人の事あまり言えませんが朝は早めに準備して余裕をもって出発したいですね!

1時間も電車が遅れた場合などは仕方ないですが、1、2本電車に乗り過ごしても大丈夫なくらい時間に余裕を持って行動していけたらいいですよね。

まさケロンのひとこと

社会人になったら余裕をもって、行動することが大切やで。
遅れたらあかんで!

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな