メイク

涙袋メイクで潤んだ瞳をGETしよう!

Written by ちょこばなな

最近女性の間で流行っているメイクの1つに

涙袋を強調する方法

があります。

涙袋メイクではこの涙袋を強調することで、相乗効果で目が大きくみえたり、いつもより潤んだ瞳にみえるんだそうです。



スポンサーリンク

涙袋の作り方

涙袋がある方は更に強調して、ない方もメイクであるように見せることができます。

メイクでつくる

自分が持っているアイシャドウで明るめの白やベージュ、ピンク系があればそれを使っても大丈夫です。

ですが最近では、涙袋メイクが注目されているおかげか涙袋用のメイク用品も発売されていますので慣れないうちはこっちでやられた方が簡単でいいかもしれません。

使い方は簡単で涙袋のところにパウダーを乗せて全体的に馴染ませます。

その時黒目の下の部分などには重ねて付けるなどして、立体感を出してあげると更にいいです。

逆に目尻と目頭の部分は少しぼかしてあげると自然な仕上がりになります。

たったこれだけのメイクでも涙袋が強調されて若若しく可愛い目元になります。

さらに1ステップで涙袋の下にうっすらと影を付けてあげるとさらに強調されます。

で、涙袋メイクのポイントですが涙袋がメイクの中でも目立つように、下まつげのマスカラは目頭から黒目くらいまではうっすら目につけてあげるとなお良いですね。

色による印象の違い

涙袋に使うメイクの色でお顔全体の印象も違ってきます。

ピンク系なら可愛らしい印象に!

ピンク系はアイシャドウに使うとはれぼったいイメージになりやすいのですが、涙袋に使うとその効果が逆にいい感じに涙袋を強調してくれます。

色白の方なら更に目立つのでオススメです。

ホワイト系なら透明感のある印象に!

ホワイトを使うことで白目が更に強調され目元全体が生き生きとしてきます。

アイシャドウベースも一緒に使用することでホワイトの発色も良くなりますよ!

ゴールド系なら優しくうるうるとした目に!

実はイエローゴールド系の色って肌なじみが凄く良いんです。

こちらは色白の方より少し日に焼けてらっしゃる方にオススメですよ。

ベージュ系ならナチュラルな涙袋が!

色的にはお肌のトーンより2つくらい明るいものがいいです。

オレンジ系ならハーフのような印象に!

オレンジ系を目元に入れる事で明るい印象になります!

また彫りが深くみえるのでハーフのような印象になりますよ。

やってみたら思ったより簡単な涙袋メイク。

涙袋用の化粧品はドラッグストアなどで簡単に入手できますので、まだ試されたことがない方は1度試されてみてはいかがでしょうか?

まさケロンのひとこと

女の子は、化粧に力入れてる人が多いやんなぁ~
でも、やり過ぎると将来的に肌のトラブルの原因にもなるから注意やで!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな