ホワイトデー

ホワイトデーのお返し(義理チョコ編)絶対やめて3つのタブー 

Written by ぽぷらこ

3月に入りそろそろホワイトデーのお返しが気になり始めた男性も多いはず。

本命はさておき、職場でもらった義理チョコへのお返し・・・

考えるのめんどくせーな…

なんて思っている人!

まだまだ女性修行が足りません。

さらにいうと人間関係を良好に保つコツを押さえきれてませんね。

ホワイトデーこそ、女子との良好な友好関係を築く絶好のチャンス。

これが築ければ今後、職場でどんなに救われることか。

女子力侮ること勿れ!ですよ。

ホワイトデーはちょっと工夫をすれば、格付けアップを見込める日。

めんどくせーななんて言ってないでまずは最低限してはいけないタブーのチェックからです!



スポンサーリンク

まさかの失態?!女子からの評価を暴落させる3つの行動

もらったから返す、という雰囲気が言動からプンプン匂う

そりゃたしかに貰ったからお返しなのでしょうけど、仕事の一環のように配ってまわったり、チョコ貰ったからお返しで…なんてわざわざ言ってしまう人は、男子力低すぎです。

念押しされなくっても女子だってわかってますよ。

お返しをお返しのように渡さない

というのが腕力のみせどころ。

これ…(プレゼントを差し出す)、○○さん、いつも○○してくれてて助かってる、ありがとね。

これだけで、たとえ同じプレゼントだとしても「チョコ貰ったからお返し…..」って言われるのと、雨と晴れくらいの違いが生まれます。

直接言えないならさりげなくカードを挟むのもオッケー。

でも、あくまで感謝であり、恋愛感情がない人に勘違いさせてしまうような言葉はダメですよ。

プレゼントなしの食事だけってのも印象がイマイチ

食事に誘われたらプレゼントを期待するのが女子って生き物です。

ディナーに行って、プレゼントなしで「じゃあまた….」なんて言われると「あ、何もないのか…まあいいんだけど…..」という微妙な感情を女子の中に宿らせてしまいます。

そうなると、せっかく高いディナーを奢っても効果は半減。

下手すると中途半端な男ってイメージも付きかねませんねえ。

食事かプレゼントかどっちかという時は、迷わずプレゼントを選択しましょう!

まさかの中高生が選びそうなお返しの品をチョイスしない

正直、お返しのお品のお値段は高いほうがいいってのは女子の本音ですが、このご時世女子だって理解力はあります。

しかーし、いくらなんでもっていうNGチョイスだけは避けてほしいところ。

10代向け

  • ブランドのミニタオルとポーチのセット
  • キャラクターもの
  • 選ぶという思考の形跡をまったく感じさせないお菓子など…..。

後に女子会でネタにされること決定です。

そう、お値段は高くなくてもセンスのいい、考えてくれたなと女子に思わせるお品を準備するのが、世の中を上手く渡っていける男子ですよ。

有り難いことに、そんなプレゼントを探すのに何の苦労もしない世の中です。

ネットでちょっと検索してみる。

それだけで差の付くプレゼントなんてすぐ探せます。

日頃から女子たちの動向をチェックしておくのも大切ですけどね。

まだ、時間はあります。

せっかくのチャンスをみすみす捨てないように、心、入れ替えて下さいね!!

まさケロンのひとこと

ホワイトデーは、日本独自の文化なんやで!
みんなちゃんとお返しはしいやぁ~

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ぽぷらこ