映画

STARWARS(スター・ウォーズ)の世界~ストーリー&トリビア

ストーム・トルーパー-著作者- Kalexanderson
Written by なつき

2015年12月、

STAR WARS(スター・ウォーズ)

がお久し振りに公開されます。

待ちに待ったという人も多いことでしょう。

それだけSTAR WARSは、全世界で注目された作品でした。

今回公開されるエピソード7も、早くから話題になっています。

STAR WARSを観た人も、観たことがない人も、その世界をちょっと覗いてみませんか?



スポンサーリンク

ざっくり、おさらい

まずは登場人物のおさらいから

アナキン・スカイウォーカー/ダース・ヴェイダー

帝国軍最高司令官。

ルーク・スカイウォーカー

アナキンの息子。ジェダイの騎士となる。

レイア・オーガナ

元老院議員。反帝国軍の指導者。

ハン・ソロ

元は宇宙の海賊。後にルークの親友となる。

パドメ・アミダラ

惑星ナブーの女王。

パルパティーン最高議長

政治家という一面を持つが、実はダース・シディアス。

ヨーダ

最強のジェダイ・マスター。ルークを指導。

オビ=ワン・ケノービ

ジェダイの騎士。アナキンの師匠だった。

チューバッカ

ウーキー族の戦士。ハン・ソロの相棒。

R2-D2&C-3PO

シリーズ全作品に登場するドロイド。

あくまでも、主要な登場人物です。(人じゃないのも入っちゃっていますが・・・。)

劇場公開の歴史

  1. 1977年 – エピソード4 「新たなる希望」
  2. 1980年 – エピソード5「帝国の逆襲」
  3. 1983年 – エピソード6「ジェダイの帰還」
  4. 1999年 – エピソード1「ファントム・メナス」
  5. 2002年 – エピソード2「クローンの攻撃」
  6. 2005年 – エピソード3「シスの復讐」
  7. 2015年 – エピソード7「フォースの覚醒」


なぜエピソード4からスタートしているのか・・・と疑問に思う人も多いでしょう。

そもそも最初の作品がヒットしなければ、シリーズ化はなかった筈なので、大ヒットしたからこそ、遡った話も映画化出来たのだと思われます。

STORY

それでは、ストーリーもざっくりおさらいしてみましょう。

エピソード1「ファントム・メナス」

奴隷として生活していた子どもの頃のアナキンは、オビ=ワンと出会い、その才能とフォースの強さを見出され、ジェダイの騎士を目指すことを決意。母親と別れ、オビ=ワンに弟子入りする。同時にパドメとも出会い、幼いながらも慕うようになる。

一方、銀河の世界では、パルパティーンが元老院の最高議長となり、次第に権力を拡げていく。

エピソード2「クローンの攻撃」

エピソード1から10年。アナキンは青年となり、ジェダイの騎士になるために修行中。

最高議長からの指示で、パドメのボディガードに。

アナキンとパドメは次第に惹かれ合うようになる。

アナキンは自分の力を過信するようになり、師匠のオビ=ワンと度々意見が衝突する。

銀河では共和国分離主義派が率いるドロイド軍と、共和国が率いるクローン軍の戦闘が始まる。 

エピソード3「シスの復讐」

パルパティーンがダース・シディアスであることが判明。

アナキンは、あの手この手でダークサイドに取り込まれていく。

ダークサイドに堕ちたアナキンは、ジェダイの敵となり、師匠であったオビ=ワンと対決する。

その闘いでオビ=ワンに敗れ、四肢を失ったアナキンは、瀕死の状態になるものの、パルパティーンに助けられ一命を取り留める。

一方パドメは、ダークサイドに堕ちたアナキンにショックを受け、双子を出産し間もなく死亡する。

この双子がパルパティーンに狙われると思ったジェダイは、別々の星に預けることに決め、女の子(レイア)はオーガナ議員の養女に、男の子(ルーク)は親戚のもとへ引き取られる。

エピソード4「新たなる希望」

ルークとレイアは、それぞれ別々の場所で育てられ、無事に成長する。

レイアはパルパティーンが率いる帝国軍と戦う反帝国軍の指導者になるが、ダース・ヴェイダーに捕えられ、拘束されてしまう。

一方ルークはオビ=ワンに出会い、ジェダイの騎士を目指す道を選ぶ。宇宙船ファルコン号を持つハン・ソロと契約を結び、反帝国軍指導者のレイアを助けに行く。

帝国軍との戦いの最中、オビ=ワンが命を落とすが、レイアを無事に助け出す。

反帝国軍は帝国軍が完成間近にしていた要塞デス・スターを破壊。

戦いに勝利するが、ヴェイダーを逃してしまう。

エピソード5「帝国の逆襲」

ルークはヨーダのもとに向かい、ジェダイの騎士になるための厳しい訓練を受ける。

ダース・ヴェイダーは反帝国軍を滅ぼす為、探査ドロイドを銀河に放ち、反帝国軍の秘密基地を発見、制圧する。

レイアとハン・ソロはヴェイダーに捕えられてしまう。

それを知ったルークは二人を助けに向かい、ヴェイダーと闘う。

その時にヴェイダーが自分の実父と知り、ルークは大きなショックを受ける。
 

エピソード6「ジェダイの帰還」

ルークはヨーダのもとに戻り修行を続けるが、900歳のヨーダは息を引き取る。

ルークはレイアが双子の妹だと知り、レイアにその事実を告げる。

ジェダイの騎士となったルークは、ひとりで皇帝パルパティーンに闘いを挑む。

パルパティーンに苦しめられ、どんどん追い詰められていく息子ルークの姿を目の前にして、

とうとうヴェイダーはパルパティーンを殺してしまう。

帝国軍は滅び、銀河に平和が訪れる。

ジェダイを知ろう

ジェダイとは

銀河系の自由と正義を守る騎士。

精神的・肉体的に、とても厳しい修行を乗り越えなければならない。

物への執着、所有、恋愛は禁止。

ライトサイドに仕える者を「ジェダイ」

  • ルーク
  • オビ=ワン
  • ヨーダ


など

ダークサイドに仕える者を「ダークジェダイ」

  • ダース・ヴェイダー
  • ダース・シディアス

など

Force(フォース)とは

生命体から無機質まで、あらゆるものを包んでおり、ジェダイの超常的な能力の源となっています。

  • 予知能力
  • 物を移動させる
  • 他人の心を読み取る、または操る
  • 自分の考えを送る
  • 超人的な動き


怒りや憎しみを自制できず、自己の利益の為にフォースを使うとダークサイドに堕ちてしまいます。

ジェダイの武器、ライトセーバー

洗練されたプラズマエネルギーの刃。

ジェダイは自分のライトセーバーは自分で作ります。

エピソード7では、柄の両側からレーザーが突出すタイプの、新しいライトセーバーが登場するようです。

小さな大物、R2-D2

R2-D2の機能

アナキンにもルークにも仕え、ピンチの時には必ず助けてくれるドロイド、R2-D2。

こんな機能を揃えています。

  • 手の代わりになるマニピュレーター
  • ホログラフ投影機能
  • カメラ
  • アンテナ
  • 消火器
  • スタンガン
  • 電動のこぎりなどの工具類


R2-D2、絶対ほしい!!

でもお茶目なんです

喜怒哀楽も表現します。

嬉しい時は左右に身体を揺らして喜びを表現。

危険な目に遭うと、悲鳴のような高い電子音を出します。

鉄の塊の筈なのに、とても可愛く見えちゃいます。

どうやって動いてる?

エピソード4では、ケニー・ベイカーという役者さんがR2-D2の中に入って操作をしていました。

エピソード5以降はラジコンでの操作が可能になり、彼が中に入って撮影したシーンは、ほんの数シーンのみ。

彼は特発性低身長で、その身長は112cm。R2-D2での出演で有名になりました。

STAR WARSのトリビア

伊達政宗流?

ダース・ヴェイダーがエピソード3で瀕死の重体になり、サイボーグになってからの真っ黒のコスチューム。

このヘルメットとマスクのイメージは、仙台市博物館にある

「黒漆五枚胴具足 伊達政宗所用」

を参考にしたそうです。

6シリーズ共通のセリフ

I have a bad feeling about this
→「なんだか嫌な予感がする」

というセリフ。

6つのシリーズ全ての中で、必ず誰かがこのセリフを言っています。

じぇだいげき・・・?

ジェダイという言葉。

「時代劇」という日本語をもじって名付けたと言われています。

操られていたジェダイ

900歳まで生きたジェダイ・マスターのヨーダ。

最初は操り人形での撮影でしたが、エピソード2とエピソード3では、フルCGでの出演となりました。

チューバッカの声

ウーキー族の戦士でハン・ソロの相棒であるチューバッカ。独特の声を発します。

この声は、クマとアザラシとオットセイ、そしてアナグマの声を混ぜて作られているそうです。

エピソード7の情報

懐かしのレギュラー陣

このオーディションには9000人が参加。その人気の高さが表れています。

ルーク、ハン・ソロ、レイア、R2-D2、C-3PO、チューバッカは出演が決まっているようです。

ハン・ソロのミレニアムファルコン号も復活しますよ。

今後の劇場公開は

エピソード7~9の制作が決定したのは2012年。

今後の劇場公開予定は

  • 2015年 – エピソード7
  • 2017年 – エピソード8
  • 2019年 – エピソード9


と、なっています。

ファンも期待しています

ルーク・スカイウォーカー役の「マーク・ハミル」。

レイア・オーガナ役の「キャリー・フィッシャー」。

ハン・ソロ役の「ハリソン・フォード」。

当たり前で止むを得ないことですが、3人とも、かなり年を重ねられました。

マーク・ハミルとキャリー・フィッシャーは、エピソード7に出演が決まってから、ダイエットな日々。

ファンが期待していますから、プレッシャーも大きいことでしょう。

STAR WARS、味わってみましょ♪

ずっと観ていたい

それにしてもエピソード3のアナキンとオビ=ワンの闘いはすごかった~。

鬼気迫る、かなり見応えありのシーンです。

アナキン役の「ヘイデン・クリステンセン」。

オビ=ワン役の「ユアン・マクレガー」。

どちらもステキ過ぎます。

出来れば、ずっと観ていたいなぁと思ってしまうほど。

何なら自分の為に闘っているといいのに・・・と妄想が暴走しちゃいます。

フォースとともに

観たことない人も、観たことある人も、そしてかなり好きな人も、この機会にもう一度、シリーズ全てを観てみませんか?

ちょっと違った見方や、新鮮さも味わえるかも知れませんよ。

エピソード7以降の期待も大きくなりますが、その期待を裏切らない作品になってほしいと思います。

「STAR WARSよ、フォースとともにあれ」

(アイキャッチ画像:Kalexanderson)

まさケロンのひとこと

まさケロンはエピソード1に出てきた「ダース・モール」が使ってた双頭のライトセーバーが大好きで、あれをきっかけにドハマりしたんだよね~。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

なつき

東京都出身。飲食店で勤務をしながら、趣味で執筆。エッセイコンクール等で入賞多数。2010年からライターとして執筆開始。2014年本格的にフリーとして始動。結婚、恋愛、教育、子育て、スポーツ、健康、保険、季節のイベント等の記事を中心に執筆。2013年FP2級取得。