ファッション 飲食店

「直焼きパティの香り」バーガーキングが香水発売!ネタではないようです

アメリカ

なぜ香水?しかもエイプリルフールに

大真面目です。

大手ハンバーガーショップのBURGER KING(バーガーキング)が4月1日限定で香水を発売するという話題が、ネットニュースなどで取り上げられています。

ハンバーガーショップがなぜ香水なのか?

エイプリルフールのネタなのではないかと噂されていますが、どうやら本気のようです。


同社の主力商品であるWHOPPER(ワッパー)。

「とてつもなく大きい」

という意味があるそうで、実際その名に恥じず直径5センチもの大きさのビーフパティはボリューム満点というレベルを超えて迫力すら感じさせますが、実はWHOPPERには

「大ホラ、ウソ」

という意味もあるそうです。

これにちなみバーガーキングでは4月1日を「WHOPPERの日」と定め、香水の発売を行うとのこと。

気になる香りは?

なんと、発売する香水は直火焼きパティの香りだそうです。つまりはWHOPPERの香りということですよ。

それって香水とは言えないんじゃないかという気もしますが、バーガーキングに言わせればこの香りを選んだのはしっかりとした考えがあるとのこと。

バーガーキングファンが大好きな直火焼きパティの香りを身に纏うことができ、店にいなくてもまるで店にいるかのような気分が味わえる、とのこと。

なるほど、確かに直火焼きパティの匂いは美味しそうです 。

でもこの香水をつけたらイヌとかネコが寄ってきそうな気がするのですが…。

気になるお値段はWHOPPER単品とのセットで税込5000円。高いと見るか安いと見るかは 、人によって変わると思います。

1ヶ月無料パスも販売

また、WHOPPERとポテトMサイズが毎日1セット無料で食べることができる「WHOPPER PASS」も税込5000円で発売するそうですよ。

こっちのほうがバーガーキングファンとしては嬉しいのではないでしょうか。

ちなみにパスを使わないと25200円かかるそうです。

それが5000円になるのならかなりお得です。これはちょっと興味ありますね。

積極的にアピールすることでシェア獲得を狙っている?

ハンバーガーに代表されるファストフード業界。やっぱりマクドナルドが知名度、店舗数で圧倒的な強さを見せつけています。

安いですしね。でも異物混入問題や、とんかつバーガーを発売してファンの不評をかうなど、最近は伸び悩んでいると聞きます。

バーガーキングは店舗数でいうと全国に90店舗ほど。知名度はそこそこですが、主力商品のWHOPPERはやっぱり女性やファミリー層は敬遠しがち。

そんな状況のなか、直火焼きパティの香りがする香水を発売するというアメリカンジョーク的な戦略を打ち出したバーガーキング。

結構本気でシェア拡大を狙っているのかも…。買うかどうかはさておきちょっと嗅いでみたいですものね、直焼きパティの香りって。



まさケロンのひとこと

これからは「美味しい香り」が流行るかも?

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」