UMA・未確認生物

UMA未確認生物~本当にいるの?日本でも語り継がれるミステリー

芦ノ湖
Written by なつき

信じる信じないは別として、怪しい物が目撃されるたびに、ちょこっと世間を賑わし、浮上しては沈んだりを繰り返すUMA(ユーマ)の存在。

興味のない人は極端な程UMAを知らず「ウマ」と読んでしまうほど…。

そりゃ、読み方としては間違いではないんだけど。



スポンサーリンク

ミステリアスなUMA達

幽霊でも妖怪でもないからね

そんな人にも分かってもらえるよう、まずはUMAの説明から。

Unidentified Mysterious Animal


の頭文字を取った日本人作の造語です。

ちなみに海外では

「ミステリー・アニマル」

もしくは

「クリプティッド」

と呼ばれるのが一般的。これは「未確認生物」のこと。

もう少し詳しく言うと、「その存在が生物学的に確認されていない生き物」

でも幽霊や悪魔、妖怪などとは違うのです。

ツチノコで2億円

ちょっとややこしく感じる人もいるでしょう。

例えば日本の「ツチノコ」がUMAに分類されています。

古くは古事記、日本書紀にも登場。現在も2億の懸賞金がかけられているほどの存在です。

ツチノコは体長30~80cm程度。平たい蛇みたいな姿をしているそうです。

そんなことからなのか、小動物を飲み込んだ蛇を見間違えただけなのでは…という説あります。

UMA世界代表はネッシー

世界的に有名なUMAといえばイギリス・スコットランドのネス湖で目撃情報が多い「ネッシー」

誰もが一度は目にしたことのあるネッシーの写真。鮮明ではありませんが、それらしき影には見えます。

首長竜プレシオサウルスの生き残りとも言われています。

その一方で捏造説も後を絶たず、20世紀最大の謎とされたまま現在に至っています。

UMAに分類していいの?

そんなネッシーにあやかりたいのか、本当に姿が目撃されているのか、ただの観光客誘致の為のゆるキャラ代わりなのか分かりませんが、日本の湖でも多くのネッシーもどきがいるのです。

  • 神奈川県芦ノ湖の「アッシー」
  • 栃木県中禅寺湖の「チュッシー」
  • 山梨県本栖湖の「モッシー」
  • 北海道屈斜路湖の「クッシー」
  • そして鹿児島県池田湖の「イッシ―」


など、湖には神秘的なイメージが強いのか、本当に「湖の主」