ゴールデンウィーク 日本のこと

博多どんたく!ゴールデンウィーク中の有名な祭り

Written by ぽぷらこ

日本には伝統を守り、受け継いでいる祭りが今でも多く開催されています。

そんな祭りの中でゴールデンウィーク中に行われる祭りといえば、

博多どんたく

5月3日と4日に福岡で開催される日本最大級のお祭りです。

総動員数200万人を超え、博多祇園山笠と並び大変有名な人気のあるお祭ですよね。

今回は、そんな「博多どんたく」についてのお話です。



スポンサーリンク

博多どんたくの起源

博多どんたくは室町時代に始まった領主への年賀行事

博多松囃子(はかたまつばやし)

が原型となっているといわれています。

ちなみに「博多松囃子(はかたまつばやし)」とは、松囃子(念頭に福を祝って行う芸時のこと 室町時代に盛んに行われていた)のひとつであり、

  • 恵比寿
  • 大黒

の三福神と稚児が福岡や博多のほうぼうを訪問して祝賀する祭のことで、現在は選択無形民族文化財に選択されています。

どんたくという名前の由来はオランダ語で休日を意味する

ゾンターク

から名付けられたそうです。

「ゾンターク」から「どんたく」…..

ってなんだかおもしろいですよね。

おもな祭りの内容

どんたく隊

と呼ばれるさまざまなグループが行列をなして演舞を披露していきます。

このどんたく隊

  • 各種企業
  • 団体
  • 学校
  • 地域グループ
  • 他都市からも観光PR団体

そのほか有志の集まりなどが結成して「どんたく隊」として博多どんたくを盛り上げます。

古くからの伝統ですので地域の人々にとってはこのどんたく隊としての結束は当然のように固く練習も熱心に励み祭りに備えます。

福岡の企業によっては、この「どんたく隊」を新人の結束を強めるため、新人教育のために用いているところもあります。

5月3日、4日、前夜祭の二日は演舞台や各場所でのパレードなどイベントなどが盛り沢山です。

内容は毎年、微妙に変わりますのでホームページなどで調べてみるといいですよ。

どこの地域で行われる祭りもその土地独特のいろと熱気があり、とても興味深いですよね。

歴史が長ければ長いほど、そこでしか感じとることのできないものが祭りの中にひそんでいる気がします。

「博多どんたく」も博多の町、そして福岡に古くから根付いてきた祭りです。

一度行くと伝統を感じることができます。

伝統的な祭りには、行ける時には是非足を運んでみて下さい。

そこで感じるものはきっとあなたに大きなパワーを与えてくれると思いますよ。

まさケロンのひとこと

めっちゃ盛り上がるお祭りなんやろうな!
行ってみたいなぁ~

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ぽぷらこ