記念日・国民の祝日

国際アムネスティ記念日。一本のロウソクに火を点せ

Written by すずき大和

5月28日は

国際アムネスティ記念日

です。

いろいろな情報ソースを見ると、1961年のこの日にアムネスティ・インターナショナルが設立された、という説明が多くされています。

が、厳密にいうとちょっと違います。

アムネスティ・インターナショナルという名前がついたのは、1961年の暮れです。

市民の手で良心の囚人を救うために、世界各国の政府に手紙を書く運動をするグループが英国に誕生したのは8月3日と記録が残っています。

では、5月28日は何があった日なのでしょうか?

というか、アムネスティって何なのか知っていますか?



スポンサーリンク

アムネスティは世界最大の国際人権NGO

一人の市民の勇気ある行動が人々を動かした

アムネスティができるきっかけとなったのは、英国に住む弁護士ピーター・ベネンソンさんが、ふたつの新聞に投稿した記事でした。

ポルトガルで、

自由のために!

と乾杯したことで逮捕された学生のニュースを知って衝撃を受けたベネンソンさんは、同じように政府との意見の違いのために囚われている人たちのことを取り上げた記事を書きました。

忘れられた囚人

たちというタイトルの記事は、人々の心を捉え、たくさんの反響が寄せられました。

この記事が発表されたのが5月28日だったのです。

良心の囚人

ベネンソンさんは、

非人道的な行為をしていなくても、世界には国家権力によって自由を奪われてしまう人がおり、みんなの前からいなくなった人はその存在をも消されてしまう

ということを訴えました。

彼らのことを忘れないために、世界中の人が声を上げることができないか・・・・と、呼びかける記事に、人々は深い感銘を受けました。

記事の反響が大きくなる中で、ベネンソンさんは、何ら暴力等の罪を犯したわけでもないのに、自らの信念や人種、宗教、肌の色などを理由に逮捕された人々を良心の囚人と呼ぶようになりました。

そして、彼らの釈放を求める手紙を書いて各国の政府に届けようと、世界の人々に呼びかけました。

これが、アムネスティ運動の始まりです。

暗闇を呪うより、1本のロウソクを点そう

草の根運動の広がり

政府に手紙を書く運動は、瞬く間に世界各地に広がりました。

1970年には27ヶ国に850のボランティアグループが立ち上がっていました。

日本のグループもその中のひとつです。

政治や宗教からも中立で、政府からの援助は一切受けずに、人権侵害の改善を図るために活動し続けました。

その功績が認められ、1977年に

ノーベル平和賞

も受賞しました。

その後、良心の囚人だけにとどまらず、様々な人権侵害に直面する人たちの問題を解決するよう、活動の幅を広げていきました。

希望を抱き、行動し続ければ、道は開ける

アムネスティのロゴマークは、有刺鉄線とロウソクの絵です。

有刺鉄線は、自由を奪われた人々を表し、ロウソクは暗闇を照らす希望を表現しています。

これはベネンソンさんが中国の格言

暗闇を呪うより、1本のロウソクに火を点せ

からイメージして作成したと言われています。

どんなに解決が困難に思える人権侵害を目の前にしても、私たち一人ひとりが希望を抱き、行動し続ければ、状況を打ち破ることができる

というメッセージが込められているのです。

アムネスティ・インターナショナルは、草の根運動が集まったNGO(民間の組織)であり、活動を支えるサポーターは世界中に300万人以上いるといわれるボランティアです。

その一人ひとりは決して専門家であるとは限らず、大多数はふつうの市民です。

手紙を書いたり、ささやかな寄付をしたり、個々の貢献は小さなものですが、それが大勢集まって、社会を動かす大きな力になっています。

たった1本のロウソクの灯は、決して小さく無力なものではないことを今までたくさんの実績によって証明してきました。

どうせ誰に一票いれたところで何も変わらない

と、選挙権を自ら放棄する老若男女が有権者の半数くらいいる現在の日本人・・・・

もうちょっとアムネスティのこと知ったほうがいいのかもしれません。

まさケロンのひとこと

日本は、人権が結構しっかりしている国やと思うわぁ~
せやからって油断しとったらアカンで!
ふとした瞬間に人権が崩壊することがあるかもしれへんねん。
一人ひとりが人権侵害について意識する必要があると思うで!

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。