ビジネス・経済ニュース

バンダイと寺田倉庫フィギュアに特化した保管サービス提供開始

Written by 言祝(kotoho)

コレクションは増えていく

集めるという快感

人間にはコレクター資質というものがある人とそうでない人がいるようです。

コレクター資質がある人はものを買って入手した時点で満足します。

使う予定がないものであっても、購入しそれが自分のものになったことで満足できます。

はたからみると無駄使いをしているように見えてしまいますが、本人にとってはそうではありません。

集めるという目的のために行動しているのであって、けっして浪費ではないのです。

往々にしてコレクターが集めるものは利益を生みません。

利益は生みませんが達成感を得ることができます。

そしてこの達成感が大きなモチベーションとなるのです。

筆者は子どものころから映画のチラシを集めていて、結構なコレクション数になっています。

中には価値あるものもあります。

ちなみに筆者の中でこれは価値があるものだろうと判断しているチラシの値段を調べたことがあります。

一番高額なもので100円でした。

利益として考えると微々足るものですが、筆者は満足です。

コレクターにつきまとう問題

コレクターの悩みの種となるのが

収集品の保管場所

自分の部屋などすぐにコレクションした品々でいっぱいになってしまいます。

しかも物によってはきちんとした環境で保管しておかないと痛んでしまうものもあり、保管場所はとても重要な問題です。

ある著名人は収集品の保管目的だけのために家を一件借りているそうです。

またコレクションが増えていくと管理が必要になります。

自分が持っているものをしっかり把握しておかないと、同じものをタブって入手してしまうこともあるからです。

トランクルームというサービスがあります。

レンタルの小規模な倉庫です。

収集品が増えてくるとこういったサービスを利用することもあり得ますが、収集品によっては適さない場合もあるのです。

というのは一般的なトランクルームは日用品の保管を前提としているため、デリケートな収集品の保管には不向きであるケースが多いのです。



スポンサーリンク

魂ガレージ

フィギュアユーザーに朗報

バンダイと寺田倉庫がコラボし、フィギュアユーザー向けの保管サービスを始めました。

サービス名は

魂ガレージ

月額300円のスタンダードコースと月額600円のデラックスコースの2種類があり、フィギュアの保管に特化されたサービスです。

申し込み登録後、専用の段ボールボックスを購入しフィギュアを入れて返送すると、前述した月額料金のみで保管してくれます。

しかもアイテムを一つずつ写真撮影しネット上で閲覧できるようにリスト化までしてくれます。

温度・湿度を徹底管理し、多重のセキュリティシステムを導入しているというから安心です。

フィギュアユーザーにとっては待ち望んでいたサービスといえるのではないでしょうか?

このサービスを受けることでフィギュアユーザーはコレクションの保管・管理から解放され、収集に専念することができます。

フィギュアユーザーは利用しない手はないと思います。

こういったコレクターをサポートするサービスがもっと多様化してくれるとうれしいです。

まさケロンのひとこと

最近は男の人だけやなく、女の人も結構フィギュアを集めてる人が多いって聞くなぁ~
そういった人にはうってつけのサービスやな!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」