料理・調理

ケーキは切り方と包丁に一工夫で綺麗に切れる!

Written by たき

もうすぐクリスマス、ケーキのご予約はされましたでしょうか?

クリスマスケーキは毎年美味しそうなものが様々な所からでているので、値段と相談しながらいつもどこのにしようか悩んでしまいます。

さてそんな美味しいケーキも切るのに失敗してぐちゃっとなってしまうと、上がっているテンションが下がってしまいますよね。

せっかく買ったのに見た目が…

そんなことにならないように今回は綺麗にケーキが切れる方法をご紹介します。



スポンサーリンク

ケーキを切る前に準備するもの

では、ケーキを綺麗に切る前に用意するものを紹介します。

その1!しっかり冷やしたケーキ

しっかりとケーキを冷やすことが大切です。

これでクリームが固まりケーキを切るときに失敗しにくくなります。

その2!温かい包丁

包丁を熱湯で温めてから切ります。

包丁が温かくなることで、包丁が触れたところのクリームが溶けるので綺麗に包丁が入って切れやすくなります。

用意する包丁はできたら、ケーキの直径以上のもので、スポンジ系のケーキの場合薄い刃の包丁がお勧めです。

切り方に一工夫

実際切ると当分割するのって難しいです・・・

大きさが全部バラバラなんてよくありますよね。

なので、小さくなったり大きくなったりしないように薄く跡をつけておきましょう。

それとデコレーションはとっておきましょう。

苺やサンタなど…

デコレーションごと切ってしまうとケーキが崩れる原因となるからです。

ワンポイントアドバイスとして

ワンカットする度にクリームを拭き取ってください!

ちょっと面倒くさいですが断面が綺麗になり見た目が良くなります。

それでは、切っていきましょう。

まず包丁の重さで入る分だけ垂直に刃を入れます。

刃を入れたら、包丁をゆっくりと前後に大きく動かして最後まで切っていきます。

押すときは力を入れずに引くときに切るようにするのがポイントです。

包丁の先端は常にケーキの外に出るようにしてください。

※一気に圧力をかけて切るのはNGです。
圧力でスポンジが潰れてしまいます。

あと大前提として、よく切れる包丁を使いましょう!

この技を使って綺麗にケーキを切って、楽しいひと時を過ごしましょう!

ちなみに今年のクリスマスケーキの人気はHUMPTY DUMPTYのクーベルチョコシフォンケーキや、Paoのパリ・ブレスト、同じくPaoの濃厚チョコバタークリスマスケーキ

他にも抹茶を使ったアイスケーキや、「ミュゼ ドゥ ショコラ」、テオブロマの「ノエル ショコラ フレーズ」など、どれもこれも画像と一緒に見ると全部食べたくなるくらい可愛くて美味しそうです!

是非自分好みのケーキを見つけて美味しくいただきましょう。

まさケロンのひとこと

この記事みとったらケーキ食べとうなってきたわ
ちなみに日本に洋菓子が伝わったんは16世紀らしいでぇ~
かれこれ5世紀・・・
日本からもいろんな洋菓子が誕生したなぁ~

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。