髪の悩み・ヘアケア

髪様シャンプーで薄毛、抜け毛を改善!

Written by たき

「最近、髪の毛がよく抜ける・・・」

皆さんは、そう感じたことありませんか?

髪の毛がよく抜けるということは、髪の寿命が短くなってきている証拠なんです。

つまり、薄毛へと近づいていることになります・・・。

昔は薄毛男性にしか注目はいっていませんでしたが、今や薄毛女性の人口は

600万人

実際に街で”髪の悩み”について聞いてみると・・・

60代の方

薄毛でコシがない・・・ぱさぱさ

40代の方

若いうちから気になる

なんとか出来るなら・・・

20代の方

髪の毛洗っているときに、排水口が抜け毛で詰まる・・・

と、老若男女を問わず、まさに国民病となっています。

1日の抜け毛が100本以上あると危険信号です。

通常、日常生活のなかで1日に50本ほど自然脱毛されるといいます。

これが100本以上あると、危険信号になります。

そんな中、薄毛を改善するためのある画期的な方法を編み出したのが、68歳ながら、ふっさふさの髪を持つ、

頭皮博士こと板場忠徳(いたばただのり)先生。
(全国理容連合会 名誉講師)

博士は、ある方法で薄毛の悩みを解消することができるといいます。



スポンサーリンク

そのある方法とは・・・

薄毛の悩みを解消する、そのある方法とは・・・

シャンプーの仕方なんです!

実際に、50代の男性、50代の女性、20代の男性に実践してもらったところ、ふさふさに戻ったとのこと。

だいたい3ヶ月くらい実践することで効果が現れたそうです。

今までで、およそ30000人の方が薄毛解消に正解したそうです!

では実際にそのシャンプーの仕方について、話していきます。

新しく生える毛のことを新生毛(しんせいもう)といいますが、ハゲないためには、この新生毛を絶対にぬいてはいけません。

しかしこの新生毛、非常にデリケートで、手荒く扱ってしまうと簡単に抜けてしまうんです。

日常生活のなかで、一番新生毛に触れる機会が多いのがシャンプーの時なんです。

そこで博士は、「髪様シャンプー」というものを提唱しました。
これにより得られる効果は2点あります。

  1. 新生毛が抜けない
  2. 頭皮の血行が良くなる

では、実際にそのやり方です。

まず指を開いてヒトデのカタチを作ります!

指を五角形の形にして、頭皮にぴったり当て、頭皮をまんべんなくマッサージします。

ここでポイント!

指を動かすのではなく、頭皮自体を動かします。

これにより、血液の循環がよくなってきます。

髪の毛に負荷をかけずに、頭皮にだけ刺激を与えることが重要になってきます。

もちろん医学的には遺伝やホルモンも重要になってきます。

頭皮には筋肉がないので、外から動かしていかないと血液の循環がなくなってしまうんです。

場所ごとに幾つかやり方があります。先ほどのヒトデの組み手もその1つです。

  • カニの組み手で、額の生え際から頭頂部へ60秒間
  • エイの組み手で、うなじから頭頂部へ60秒間
  • ヒトデの組み手で、側頭部をまんべんなく60秒間
  • イカの組み手で、生え際で円を描くように60秒間

ちなみに!ワックスとかをとりたい場合は、頭皮に刺激を与えないように!(新生毛を傷めないように!)

髪の毛のワックスがついている部分に絞ってシャンプーしてあげるといいです。

優しくシャンプーしても髪の毛はこすれてしまうんです。こすれてしまうと新生毛は抜けてしまいます。

ちなみに・・・ふさふさの博士の髪の毛は地毛だそうです!!

いや、これがもしカツラとかだったら 「おいーっ!」 ってなりますよね。

薄毛にお悩みの方は是非!お試しください!

まさケロンのひとこと

人間の男の人は薄毛に悩んでる人がおおいみたいやな
まさケロンは、もともと毛が無いけど・・・
せやけど、このシャンプーの仕方をマスターしたら大丈夫や!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。