超常現象・UFO

島根県長でミステリー。深夜1時35分に時計250台が一斉に停止

Written by たき

2013年12月16日に島根県松江市にある島根県庁でミステリーが起こりました。

なんと午前1時35分頃に、建物内にある時計約250台が一斉に止まったそうです。

職員らが確認して、同時刻になる12時間後の16日午後1時35分ごろに復旧したが、原因は未だにわかっていないままになりました。



スポンサーリンク

ミステリー詳細

県管財課によると、時計が止まったのは本庁舎、南庁舎、分庁舎、議事堂別館の合わせて4棟にある時計です。

時計が止まっているのを、16日午前8時頃、登庁していた職員が気づきました。

島根県庁にある時計は、本庁舎の電話交換室の親機とそれぞれの場所にある子機が電線で繋がれていて、そこから電気信号が送られ時刻が自動で設定されているという仕組みになっています。

親機が止まると子機も必然的に止まるのです。

なので、親機が止まったことが原因か?と思われていましたが、親機を確認しに行ったところ正常に動いていたそうです。

この時計が導入されたのは、30~40年前

これまで時間がずれることはあったが、一斉に止まったのは初めて

となぜ止まったのか未だに原因がわからない状況です。

時計が止まった理由

なぜ時計が止まったのか?

気になりますよね。

未だに原因がわからないそうなので、こんな仮説が立っています。

落雷による影響

2011年4月25日に福島にある電波時計送信所が落雷により停止したそうです。

雷が落ちれば電子機器に影響が出るのは当たり前ですね。

なので、島根県庁の時計が一斉に止まったのも落雷が原因ではないか、という説が立っていました。

しかし、時計が止まった際に落雷はなく少しあられが降っていたそうです。

耐震工事の影響

島根県庁では、耐震のために工事が行われていたそうです。
この工事の影響で時計の配線に電圧異常が起こり時計が止まったのでは?

と考えられる説がありあます。

これが一番それっぽい原因ですね。

しかし、未だに原因がわかっていないということは、この原因でもないのかもしれません。

専門家の見解は?

島根県庁にある時計は、親時計と子時計を電線でつないだ設備時計、もしくはシステム時計と呼ばれるものらしいです。

なので、親時計が出した信号が子時計に伝わり同じ時刻が刻まれる仕組みになっています。

親時計が子時計を制御しているので、親時計が故障などで動かなくなってしまうと子時計の動きは一斉に止まってしまうのです。

親時計が動いていたとしても、信号を送る箇所が故障していれば子時計は当然止まってしまいます。

専門家は

子時計が止まったのは信号を出す部分が故障したという、とても単純な理由だと思いますよ。そりゃあ30年以上も使っていれば故障もするでしょう。オカルトなんかではありませんよ

との事です。

今でも日本ではこの設備時計が、空港、駅などの呼応今日の場所で主流になっているので、こういった時計が一斉に止まるということが起こらないように、導入した施設会社は専門業者と保守契約を結び時計を管理しているそうです。

本当に原因は「信号伝達」の故障なんでしょうかね?
未だにわかっていなそうです。

まさケロンのひとこと

不思議やなぁ~
なんかこの事件にはテロ的な関係もあるんやないかって掲示板とかで騒がれとるらしいで
でもこれ・・・
ただの故障やろ

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。