超常現象・UFO

超常現象、UFOを信じていますか?実は、噂の元はこんな物

Written by たき

今年もこの時期がやってまりましたね。
2013年12月22日(日)に

ビートたけしの超常現象(秘)Xファイル

が18時56分から2時間放送されるのです。

私はこの番組を毎年楽しみにしています。

しかし、今年は見れないので録画して後日見ることにします!

何が面白いって、大竹まことと超常現象を信じている人との口論がおもしろいですね。

正直なとこと、私も超常現象に関しては全く信じていません。
しかし!

宇宙人は信じています。
前に木星の惑星「エウロパ」で生命体が存在する可能性が強くなったという記事を書きました。

そうです、我々が住む地球以外にもこういった奇跡の星はあるかもしれないのです。

つまり我々からすると宇宙人になります。

そこで今回は、宇宙人やUFOなどについて紹介したいと思います。



スポンサーリンク

エリア51

宇宙人、UFOを語る上で切っても切りきれないのが

エリア51

です。

エイリア51とは、アメリカ空軍によって管理されているネバダ州南部にある地区です。

正式名称は、「グレームレイク空軍基地」といって、アメリカ軍機密の航空機のテストなどが古くから行われていたとされています。

近年では、ステルス機の試験飛行を行っているそうです。

いずれにせよ、何らかの機密事項がこの基地には存在するため、敷地周辺の立ち入りはもちろん、撮影も一切禁止されています。

これを無視した場合逮捕されるそうです。

なぜエリア51がUFOと関係しているのか?
気になりますよね。

それは、ロズウェル事件という事件が関わってくるからです。

ロズウェル事件

この事件の内容は、1947年7月アメリカ合衆国ニューメキシコ州ロズウェル付近で墜落したUFOが米軍によって回収されたとして有名です。

そして、このUFOが運び込まれた場所こそが「エリア51」なのです。

エリア51の謎

エリア51には、ほんとに多くの謎があり

グレイと呼ばれている宇宙人がいる

UFOを回収し研究しているのではない

エリア51付近でUFOを見た

などの考えや目撃証言があります。

実はこれ、本当にただの都市伝説でした。

実際のところ、エリア51では非常に高い機密レベルの実験などが行われていたため、政府関係者にもほとんど情報が公開されていなかったようです。

なので、本当に謎だらけになり憶測が飛び交うことになってしまいました。

UFOの目撃証言も、当時行われていた「U-2偵察機」の飛行実験を目撃したのではないかと言われています。
理由としては

U-2は離陸後ほぼ垂直に上昇する飛行機で偶然飛び立つ様子を目撃してUFOと間違えたのでは?

飛行速度が非常に速かったから

などの理由があるそうです。

結構あっけない落ちですね・・・

しかし、宇宙人は存在すると私は信じ続けます!

そして、私が生きている間に宇宙人が発見されることを願っています。

まさケロンのひとこと

まさケロンは、超常現象も宇宙人も信じてるで!
なんか色々考えるの楽しいやん
テレポート出来る超能力ほしいなぁ~

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。