住まい・暮らし

人類紀元/人類の歴史が始まってから何年目かわかるカレンダー

Written by すずき大和

2017年の年明け、平成を30年で終了させ、翌年から新元号にする方向で政府が動き始めた、というニュースが耳目を集めていました。

ネットでは、暮れから既に「元号の切り替え」に伴って発生する諸々に対処するための作業の大きさに、頭の痛い思いをしているシステムエンジニアさん他の嘆きが溢れていました。

コンピューターのデータ管理が行き届く昨今、元号表記と西暦換算のシステムの再構築って、そりゃぁ大変です。中には

「元号なんてやめちゃえ!」

なんて意見も出ています。

ですが、その文化独自の暦というのは、それぞれに思い入れや歴史があるので、そう簡単には無くせません。そして、西暦に統一すれば便利なのか、というとそうでもない部分もあるのです。



スポンサーリンク

今は何年?は世界中いつも同じじゃなかった

年の数え方システム

社会を作る上で、暦はとても重大な概念です。世界のどの文明でも、様々な手段で暦が決められていました。

今が何年か?を定める暦の方法は

「紀年法(きねんほう)」

といいます。

西暦は、「キリスト紀元」(キリスト誕生の年が始まり)の紀年法を使う暦です。

その文化オリジナルの暦

現在世界標準は西暦なので、世界の国々では、一応西暦表示で歴史を教えています。が、地域に根付いてきた暦を使う社会は、元号が生きている日本以外にもいくつもあります。

イスラム教社会では、今も「ヒジュラ歴」と呼ばれる暦で宗教行事を行っています。ヒジュラ歴の紀元は、預言者ムハンマドが聖遷した年(西暦622年)です。

アジアの多くの国では、中国の60年周期の紀年法「干支」で年を表す文化が健在です。

ついでにいうと、今でも元号を使う日本では、近代は西暦ではない紀元「神武天皇即位紀元(皇紀)」を使っていました。終戦まで歴史の教科書もすべて皇紀でした。戦後、暗記した年を西暦に換算するの大変だったでしょう、たぶん。

昭和15(1940)年、皇紀2600年祝賀に沸く国内の様子

人間の歴史はどこから始まったのか

人類紀元(Human Era)

非キリスト国には、キリスト紀元の西暦が標準なことに疑問や不満がある人々もいます。

今では実際にイエスが生まれた年は西暦1年ではないこともわかっており、西暦紀元に論理的な根拠はありません。また、紀元前と紀元後をまたぐ時期について、経年の計算をするのが今とても面倒です。

これらを解決するため、どの文化にとっても受け入れられやすい、論理的な紀元の暦を世界共通カレンダーにしよう!と考える人たちが、最近でてきました。

1993年、地質学者のチェザーレ・エミリアーニによって

「人類紀元(Human Era)」(略称:HE)

という紀年法が提案されました。

これは、原始的な狩猟・採取生活をしていた人類が、初めて文明社会を作った時を、人類の歴史の始まりとしよう、という考え方です。

ギョベクリ・テベ

きっかけは、トルコで発見された石造の巨大神殿と思われる遺跡

「ギョベクリ・テベ(Göbekli Tepe)」

が、今から約1万2000年前の建造物だとわかったことです。

この頃は新石器時代で、人類はまだ簡単な道具しか持たず、狩猟・採集をしながら、移動生活をしていました。そんな時代に大型石造建築物を作る技術や文化があったとは、この遺跡発見以前には誰も考えていませんでした。

文明の発展は、新石器時代を経て、羊飼いや農耕文化が現れ、人々は移動から定住生活へと移行し、富が集中する町が形成されていく、と従来は解釈されていました。巨大建築物が作られるのは、小都市が形成されて以降と思われていました。

ギョベクリ・テべの発見により、

「巨大な神殿が作られたことで都市が形成され、文明となった」

という順番であった可能性が出てきたのです。これは人類史上、とても大きな発見でした。

最初の1万年

人類紀元では、この人類最古の大型建築物が作られた時代を文明の始まりとし、紀元0年と数えようといっています。

人類紀元にすると、

  • 紀元1000年で初めての町が出現し、
  • 2000年に農業が普及し、
  • 3000年に陶器が普及し、
  • 4000年に金属加工術を取得し、
  • 5000年に文字による記録が生まれ
  • 7000年に四代文明が出現する

となります。これだと人類の社会進化がわかりやすく見えてきます。

西洋でギリシャ・ローマの古代文明が発展していくのは、ようやく9500年頃からです。

西暦紀元以降の2000年余りの歴史の認識に比べ、この最初の1万年の扱いは、紀元前○千年という表現では、その長さや重みが把握しにくい面があります。

今、HEが必要な理由

狩猟採集民族の古代人類が、なぜ巨大建築物を作ったのか、そこから人類の生活はどう変わっていったのか、まだ十分には解明されていません。

人類最初の1万年の進化について、改めてその価値を認識するためにも、人類史の始まりを紀元とすることは重大な意味があると、HE推進者たちは考えています。

科学をわかりやすく解説するアニメ動画シリーズ『Kurzgesagt』プロジェクトが作った動画が、その辺をわかりやすくまとめています。

SEにも優しい

「元号切り替えだけでも大変なのに、紀元を変えるなんて!」

と、発狂しそうになるSEさんがいるかもしれませんが、人類紀元は今の西暦に1万年を書き加えるだけです。2017年は12017年になります。

これなら現行のシステム改定とそれに伴う混乱はそれほど問題ではないでしょう。

歴史の教科書の古代以前は改定が必要ですが、それでわかりやすくなるなら素晴らしいことです。

どうですか、人類紀元カレンダー、あなたも使い始めてみませんか?

まさケロンのひとこと

人類起源じゃなくて人類紀元だからね。検索するときは間違えないようにね!!(間違えた)

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。