3月生まれ 花の豆知識

贈る本数にも意味がある!3月の誕生花チューリップが伝える愛

Written by すずき大和


スポンサーリンク

花屋さんの業界では、月毎、日毎に「誕生花」を定め、プレゼントに推奨しています。

3月の誕生月の花は、西洋ではラッパ水仙が多いですが、日本の花屋さんではチューリップがイチオシされています。

チューリップは、バラやランなどと並ぶ、世界的な人気園芸種です。中世にオランダを中心として幅広く改良が進められました。花色や形なども豊富で、現在までに5000種以上作出されました。今、世界の市場に主に出回っているものは1000種ほどで、日本の市場でも100種類くらいが流通しています。



スポンサーリンク

多彩な花言葉と花束のメッセージ

愛の物語に由来する花言葉

チューリップには、全般的なものも色別も含め、10以上の花言葉があります。また、戦後育種された新種の多くには、品種別の花言葉も付けられています。

多くが愛の喜びや悲しみ、苦しみ、すばらしさなどを表す言葉です。これは、西洋に伝わるチューリップの悲恋の伝説に由来した花言葉が多いためです。

伝説はふたつあります。

ひとつは、古代ペルシャの神話です。仕事に没頭している間に恋人が死んでしまい、悲しみのあまり自殺した青年の血の跡から咲いた花がチューリップだという話。

もうひとつは、オランダに伝わる神話で、美しい少女が3人の騎士からプロポーズされる話です。優しい少女はひとりだけ選ぶことができなくて、女神に頼んで自らをチューリップの花に変えてもらいます。騎士たちはチューリップの花をそばに置いて、少女を思い続けました。

これらの神話は、一途な愛の美しさ、叶わぬ思いの苦しさ、愛する人を失う哀しみ、など多くの愛の姿を示唆し、チューリップの花言葉もポジティブ・ネカティブ両方の愛の言葉がたくさん並んでいます。

チューリップの花言葉の例

『思いやり』
『博愛』
『愛の告白』(赤)
『失われた愛』(白)
『望みのない恋』(黄)
『不滅の愛』(紫)
『愛の芽生え』(ピンク)
『私を忘れてください』(黒)

こちらで、チューリップの花言葉や由来について紹介しています。
https://hanatama.jp/tulipa.html

チューリップの花束で愛を贈る

西洋では、気軽に友人や恋人に花を贈る文化が根付いています。多くの国で、特定の意味を持たせて、メッセージとして花を贈る習慣もあります。

愛の花言葉が多いチューリップは、恋人への贈り物として昔から定番の花です。

同じ色の花でも、恋愛にはマイナスに働きそうなネガティブ花言葉と、まっすぐな熱い想いを伝えるようないい意味のメッセージになる言葉、両方ある場合もあり、実際は、そんなにこだわらずに相手の好きな色の花を贈る人も多いです。

ガーデニングでも、様々な種類や色を取り合わせて楽しまれています。切り花の花束も、とりどりの色をアレンジして、溢れる愛の想いを伝えるギフトにされています。

数が示唆する詳細なメッセージ

花束には贈る本数にも意味がある

西洋では、花別、色別の花言葉だけではなく、花束を贈る場合はその本数によっても、伝えるメッセージが微妙に異なる、というマナーもあります。

チューリップやバラのように、色別花言葉も細かくてややこしいものは、色を複数混ぜた花束にして、本数でメッセージを伝える、という贈り技もありです。

愛のメッセージに相応しい本数

恋人や配偶者にプレゼントするのにいいメッセージの例をあげてみました。さりげなくウンチクと共に想いを伝えよう、という人だけでなく、自分の気持ちの中の縁起担ぎとして、気持ちが伝わるおまじないにしたい人も、ぜひご参考にしてください。

  • 1本 『あなたが運命の人』
  • 3本 『愛している』
  • 4本 『一生愛し続ける』
  • 6本 『あなたに夢中』
  • 8本 『思いやりに感謝』
  • 9本 『いつも一緒にいよう』
  • 11本 『最愛』
  • 12本 『恋人(妻)になって』
  • 40本 『永遠の愛を誓う』
  • 50本 『永遠』
  • 99本 『永遠の愛』
  • 108本 『結婚してください』

国により、多少の差もありますが、

“愛の告白には、12本の花束”

というのは、比較的よく知られた常識だそうで、日本の花屋さんでもよく勧められるウンチクです。まあ、日本では男性が100本近い花束なんて贈ると、当人も周りもドン引きしてしまいそうですから、12本くらいの愛情表現が無難ですね。

ちょっと注意の本数もあり

  • 15本 『ごめんなさい』

なんていうのも、ちょっと怒らせた彼女のご機嫌を取る時に使えそうです。

ちなみに、ネガティブメッセージの本数もいくつかあります。

  • 16本 『不安な愛』
  • 17本 『絶望の愛』

みたいなのもありますが、まあ、わざわざ語らなければ、たぶん知っている日本人は少ないと思いますが・・・。16歳、17歳の誕生日に年の数だけ贈る、なんていう場合は、そんなに気にしなくて良いでしょう。

気軽に花を添えてみよう

日本人でチューリップを知らない人、嫌いな人はほとんどいないと思われます。

恋人に花を贈る習慣なんてぜんぜんなかった人が、手始めに挑戦する花ギフトとしては、気軽に買いやすく、あげやすい花ではないでしょうか。誕生月の花というのも、自然に花をプレゼントする理由づけに使えるいいわけですから、ぜひ3月生まれの彼女さんがいる男性の皆さんは、勇気を出して、素敵な花ギフトデビューしてみてはいかがでしょう。

まさケロンのひとこと

たしかに、チューリップの花言葉けっこう複雑で、あの色はなんだったっけってなるもんね。本数で愛を伝える・・・まさケロンもやってみよっと。

masakeron-love


スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。