メンタルヘルス

他人の批判は蜜の味??人はなぜ他人を批判するのか。

Written by Kai


スポンサーリンク

みなさんは人の不幸話は好きですか??

声を大にして「好きです!!」という人は少ないですが、かなり多くの人が人の不幸話が好きなような気がします。

芸能人の不祥事について、人と会話を楽しんだことはありますよね??芸能人のことを批判したりするのもその類の話だと思います。

なんだか不思議な国民性ですが、今回はそんな批判や不幸話のお話です。

不倫騒動などが多く報道されるのはなぜ??

国民が好きな話題だから

よく芸能人の不倫騒動や不祥事をニュースで大体的に報道しています。これは国民が食いつく話題なので、よく報道されているのだと思います。

このニュースを見て、会社や学校等で批判して会話をすると思います。しかしこの行為が非常に危険だなと思います。

何かしらのミスをしてしまった人間を叩き、楽しむっておかしな行為ですよね。

他人の批判をすることで得られるもの

自分は行動しなくても、幸せを感じられる

人の批判をして、その人の価値を下げることで自分の立場が優位に感じ、幸福感を得ることができます。1番簡単に幸福感を得られますが、それは1時的なものなので注意が必要です。

そもそも、人の批判をして得た幸せなんて幸せなわけがありません。しかし日常的に批判を繰り返している人は、クセになってしまっていてなかなか抜け出せません。

人の不幸話をして笑っている暇があったら、自分の幸せを考え行動した方が確実に幸せに近づけます。

他人の批判で責任転換ができる

他の人を批判することで、責任転換ができます。代表的なのは政治家批判ではないでしょうか。

政治家を批判し、政治家のせいにすることで、行動していない自分に対して最もらしい言い訳をしているのです。

「あの政治家のせいだ。」と口で言っていれば、何も行動しなくても自分の責任にはなりませんからね。政治家を批判している暇があれば、自分が勉強して政治家になって不満を解消する努力をしたらいいと思います。

その行動をせずに口だけ動かすのは簡単ですが、愚かな行為だと思います。

人の不幸を喜ぶことのデメリット

批判は自分の価値を落とすことになる

例えば人にはなった「バカ」という言葉は、自分に返って来るといいます。そんな訳ないと思うかもしれませんが、日夜愚痴大会を開いている人で幸せそうな人を僕は見たことがありません。

SNSで匿名で人の批判ばかりしている人に、成功している人はいませんよね??

自分の口から出る言葉が自分に返って来るなら、良い言葉をたくさん発していった方が得じゃないですか??

批判癖がついてしまう

批判する癖は非常に危険です。批判癖がついてしまうと、人のあら探しばかりしてしまい、良いところを見づらくなってしまうからです。

たくさん良いところがある人を見ても、「あいつはここがダメ。」などととにかく批判をしたくなってしまいます。

批判癖がある人は他の人から信頼されません。あなたも批判ばっかりしている人に、物事の相談や頼みごとはしたくないですよね。

批判は自分を落とすだけでなく、他人からの評価も落ちてしまいます。

頑張れなくなる

批判は自分を幸せにするための行動力を奪います。人を批判し、自分と同じ高さに落とせば、自分も頑張っているあいつと同じくらい幸せだと勘違いするからです。

そうして他人を落とすことで幸せと勘違いしている人は、自ら幸せに向かい努力することができなくなります。

頑張って努力するより、批判の方が簡単ですぐ結果に結びつくからです。批判は行動さえも制限してしまいます。

他人のことより、もっと自分を見よう。

他人の不倫騒動を批判している暇があったら、行動した方がいいと思います。

極論、芸能人が何をしようと批判しているあなたは圧倒的な部外者です。首を突っ込まないでください。あなたが批判しなくても、不祥事が発覚した時点で、本人は反省しもうやめています。わざわざ国民全体に報道する意味はないように思います。

ニュースで不倫騒動や不祥事ばかりでなく、もっと大切なニュースが流れる日が来るといいと思っています。批判は自分を不幸にします。もっと自分自身のことに目を向け、自分を幸せにしてあげましょう。

ご覧頂きまして、ありがとうございました。

まさケロンのひとこと

どこがよかったか、どこがわるかったのかを分析してみたりするのは悪くないと思うんだけど、ただ批判してるだけじゃ小物感が半端ないよね。大物になろうぜ!

masakeron-happy


スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

筆者情報

Kai

静岡出身のフリーライターのKaiです。サッカーとapple製品が大好きです。現在は日常の小さな幸せを感じる事に本気を出してます。