ビジネス・経済ニュース

南シナ海の沈没船はどこの国のもの?沈没船といえば・・・

Written by たき

2013年12月29日に南シナ海には、沈没船がなんと・・・

1000艘(そう)

も沈んでいるということが確認されました。

しかし、水中作業が出来る考古学関係の人が100人にも満たないので、作業がなかなか進まないそうです。

この研究が困難を極めている中、南シナ海の沈没船は我が国のものだと、所有権を各国が主張しています。



スポンサーリンク

南シナ海とは?


大きな地図で見る

南シナ海とは、フィリピンの西に広がる海です。

サンゴ礁が多く、石油や天然ガスなどの採掘がよく行われています。

南シナ海に沈没船が多い理由

7世紀頃から、南シナ海とインド洋をつなぐモンスーン貿易が始まりました。

昔から、船の横行が頻繁だったため沈没船が多いのではないか、という仮説があります。

沈没船の所有権はどこの国に?

そもそも、南シナ海で初めて発見された沈没船は、中国が発見した「華光礁1号」です。

1987年に中国歴史博物館「水中考古学研究室」が設置されたことにより、中国による海底調査の始まりとなりました。

こう聞くと、中国がいち早く沈没船の調査に乗り出したことがわかります。

この沈没船の所有権を主張してる、国は

  • 中国
  • フィリピン
  • ベトナム
  • マレーシア
  • ブルネイ

などがあります。

中国水下文化遺産保護センターの劉曙光さんは、

「中国政府は南シナ海の主権を主張出来る、より多くの資料を探したい」

と話しています。

このように各国それぞれが、沈没船の所有権を主張しています。

正直な所、それぞれの国が所持している海域に沈没船があれば、その国の物でいいと思うのですが・・・
そうはいかないみたいですね。

沈没船といえば「バミューダトライアングル」

私の中でだけかもしれませんが、沈没船といえば「バミューダトライアングル」というワードが出てきます。

「バミューダトライアングル」とは、フロリダ半島の先端と、大西洋のプエルトリコ、そしてバミューダ諸島を結んだ三角形の海域のことを言います。

この海域では、昔から船や飛行機や、乗客のみが消えてしまうと言う伝説があります。

まさに謎の海域なのです。

100年以上前からなんと

100をこえる飛行機や船

1000人以上

の人が消息不明になっているそうです。

この原因としては

  • ブラックホール説
  • 宇宙人説
  • メタンハイドレート説
  • マイクロバースト説

などがあるのです。
これについては長くなるのでまたの機会にお話することにします。

まさケロンのひとこと

みんなそれぞれ所有権を主張してるけど、もっと仲良くみんなで共有出来ひんもんかなぁ~
しっかり話しあえば解決出来へん問題は無いと思うねんけどね・・・
それよりバミューダトライアングルのほうがSFっぽくて気になるなぁ~

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。