健康・医療の豆知識 風邪

ネギを首に巻くと風邪に効果があるって本当?様々な効用

Written by たき

昔からよく聞く話で風邪を引いたら

『喉にネギを巻けばいい』

といいますね。

この話、聞かれたことはありませんか?

私あれはずっと迷信だと思っていたのですが、なんとほんとに効果があるんだそうです。



スポンサーリンク

ネギを首に巻いたらどうしていいの?

これは別に首に巻いたネギから皮膚を通って、何か風邪に聞く成分が直接体内に入ってとかそういうことではなく、なんでも首に巻くことによって『殺菌』『消炎』の効果があるネギの匂いの成分を効率的に吸うことができるからだそうです。

さてどうやって巻くかといいますと、さすがに買ってきたネギをそのまま巻くということではなく、一度加熱して温めたネギをガーゼやタオルなどで巻きます。

それをさらに首に巻いて使うようです。

ネギが温まっているので首の太い血管が温められて、身体を温めてくれる効果もあるそうですよ。

注意点として、寝るときに使用する場合は

『こどもや寝相がよくない方には使用しないほうがいい』

とのこと。

首に巻いているので絞まってしまって窒息してしまうことがあります。

ちなみに気になるネギの匂いですが加熱することで、匂いが少し抑えられるので生のネギほどキツイ匂いはしないとのことです。

他にもネギにはこんな効果が

実は長ネギのあの匂いの成分の中に硫化アリルというものがあるのですが、こちらはビタミンB1の吸収を高めてくれる効果があるんです。

また、ネギが風邪に良い理由として

『身体を温めてくれる』

というのがあります。

長ネギの白い部分をみじん切りにして、味噌と生姜のすりおろしたものをまぜて熱いお湯で溶かしたものを飲むと芯から身体が温まって汗を出るのでいいですよ。

風邪を引いたらいっぱい汗かきましょう!

ちなみにビタミンAやビタミンC、カルシウムが含まれているのは、『緑の部分』なのでネギを食べる際は緑の部分もしっかり食べてくださいね。

人間の身体にはとっても良いネギですが、ペットを飼われている方は絶対ペットには上げないでくださいね。

犬や猫などが『玉ねぎ中毒』になってしまう可能性があります。

ネギが風邪に効くというのは迷信ではなく、本当のことだったんですね。

皆さん風邪を引いたらネギを・・・

とは言わずに、風邪を引く前からネギを食べて風邪を引かない身体にしていきましょう。

ちなみに日本で1番ネギを作っているのは千葉県で、日本は単位面積当たりでは

【ネギの生産高世界1位】

なんです。

旬はちょうど今の時期(10月から2月)なので、是非たくさん食べられてくださいね。

私も最近風邪を引きぎみなのでネギを食べて風邪を撃退したいと思います。

まさケロンのひとこと

まさケロンも風邪引いた時にネギ巻いたことあるでぇ~
ホンマに体の中からぽかぽかしてきて、つまっとった鼻がすぅ~っと通るようになるんよ!
いっぺんためしてみいや。

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。