バイク

隼がついに国内販売される。最高時速300km/hのスズキのバイク

Written by たき

世界には、フェラーリやランボルギーニといったようなスーパーカーが存在します。

皆さんご存知の通り、高級車です。

フェラーリといえば、「007 ゴールデンアイ」の劇中で登場したF355GTSが有名ですね。

去年にドイツのフランクフルトで行われた「フランクフルトモーターショー2013」で「ラ・リヴォルツィオーネ」というフェラーリの車が披露されました。

この車なんと、最高時速

370km/h

まさに、スーパーカーですね。

さて、本題に入りましょか。

実は、バイクの中にはこのスーパーカーよりも安く、価格もランボルギーニのなんと20分の1以下で購入できるものがあるんです。

その名も

出ました!
変態のスズキ!

そして、この隼が国内で2月10に販売されることが決定したのです。

今までは、外国でのみ販売されていたので、鈴菌の方々にはとても嬉しいニュースなのではないでしょうか?

そこで今回は、この隼について紹介したいと思います。



スポンサーリンク

隼スペック紹介

隼(GSX1300Rハヤブサ)のスペックを紹介します。

排気量のクラスは、もちろん大型自動二輪です。

普通自動二輪の免許では乗ることが出来ません。

メーカーは、変態ことスズキです。

エンジンは、1,299ccの排気量で、4ストローク、水冷DOHC4バルブ直列4気筒というパワフルな作りをしています。

馬力は当時最高の175spです。

乾燥重量が、215kgになるので結構重いバイクで取り回しにコツが入ります。

DOHCとは?

エンジンのスペックのところで水冷DHC4バルブ直列4気筒というワードが出てきましたが、DOHCの意味をご存知でしょうか?

ダブルオーバーヘッドカムシャフトの略で、昔使われていたOHC(オーバーヘッドカムシャフト)が2つにわかれたものです。

カムシャフトとは、エンジンのバルブを開け閉めするところに使われるパーツの事をいいます。

と、専門的な事を言われてもあまりわかりませんよね。

簡単にいうと、OHCからDOHCになったことによって、高回転向きのエンジンへとなったということです。

高回転が使えると言うことは、速いスピードが出せるようになるということになります。

どうしてそんなに速いの?

隼の最高速度は300km/hです。

ちなみに、改造した隼ですが、アメリカ人のビル・ワーナーさんがなんと・・・

482km/h

ものスピードを出したそうです。

しかし、その時に横転しお亡くなりになりました。

新幹線の営業運転の最高速度が300km/hなので、どれだけ速いかお分かりいただけると思います。

どうして、ここまで速いバイクが作れたのでしょう?

それは、排気量に対して車体の重さが軽いからです。

隼は排気量が1300ccあるのに対して、乾燥重量が215kgになります。

軽自動車の排気量が660cc以下なのに対して、乾燥重量が大体690~800kgほどです。

普通に考えて、ありえないですよね・・・

排気量が2倍以上あるのに、重さが2分1以下ですよ。

ですが、国内生産されると言うことは、それなりに規制がかかり180km/h以上は出ないようになります。

それでも180km/hでるって、ホント速いですね。

道路を走行するときは、ちゃんと道路交通法を守り安全に運転してくださいね!

まさケロンのひとこと

さ、さすが変態のスズキや!
やっと隼が日本使用で発売されるねんなぁ~
それなりにエンジンの出力を落とすと思うけど、それでも速いんやろうな・・・
乗る人は気いつけて乗りや!

masakeron-surprised


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。