記念日・国民の祝日

3月10日は「東京都平和の日」。この日に何が起きたのか?

Written by たき

3月10日は、東京都平和の日です。

皆さんはこの日に、何が起こったかご存知でしょうか?

昭和20年3月10日、

東京大空襲

の日です。

第二次世界大戦末期にアメリカ軍によって行われました。

今回は、「東京大空襲」と「東京都平和の日」について紹介したいと思います。



スポンサーリンク

東京都大空襲

昭和20年の3月10日未明にアメリカ軍の大空襲により、東京は一夜にして焼け野原となりました。

  • 死亡者約8万3千人
  • 負傷者約4万人
  • 被害者約100万人

にものぼりました。

都市部という人口が多い場所が標的となったため、このような大きな被害になったと考えられているのです。

この時アメリカ軍は、325機のB-29爆撃機を出撃させました。

なぜ3月10日を選んだかと言うと、火の手が広がりやすい高い風邪の強い日と予想されたためです。

東京都平和の日

平成2年7月に東京都は、平和国家日本の首都になりました。

その時に、戦争の悲劇を再び繰り返さないという事を誓い

東京都平和の日条例

が制定されました。

そして、この条例の中で、第一条に3月10日を「東京都平和の日」を定めると記されています。

第二条では、平和の義務を確認すると共に、平和への意識を高めるため記念行事を行うとされているのです。

平和の象徴

現在に至るまで人々は、多くの戦争を起こしてきました。

その中で、平和を願った人々が「平和の象徴」を作ったのです。

ここでは、その「平和の象徴」を紹介したいと思います。

「平和の象徴」と言えば、

ではないでしょうか?

何故、鳩が平和の象徴になったのでしょう。

その理由は、旧約聖書に載っているノアの方舟の記述が有名です。

ノアの洪水の時に、方舟から放たれた鳩がオリーブの若葉をくわえて戻ってきました。

これが、洪水が終わったことを知らせたとされていて「平和の象徴」とされているのです。

神聖な白い象

実は、象も平和の象徴として扱われているのです。

厳密に言えば、白い象が平和の象徴とされています。

更に、神聖な存在とされているので、昔から国の王によって守られてきたそうです。

その「白い象」がなんと、ミャンマーで見ることができます。

しかも、無料で!

本当に白いのか、一度見てみたいですね。

他にも、平和の象徴とされているものは多くあります。争い事は、必ずと言っていいほどに起こるのです。

しかし、人は学ぶことの出来る生き物、いかに争いを起こさないか考えることが出来ます。
争う前に、少し考えるだけで、争うを回避出来るのではないでしょうか。

まさケロンのひとこと

戦争の誤ちを繰り返さへんためにも、戦争でどんなことが起きたのかを知ることが大切やと思うわ。
そうすることによって、二度と誤ちをおかさんとこっていう考えに至るしな!

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。