極みコロッケ!神戸の旭屋にて8年待ち。1日限定200個

Written by たき

皆様コロッケと聞くと何を思い浮かべますでしょうか?

学生時代のお弁当や夕ご飯など身近で美味しい思い出が多いと思います。

スーパーなどに買い物に行ってもたいていどこのお店にも置いてありますしね。

さぁそんなコロッケの中にスーパースターがいることはご存知でしょうか?

なんと実質

約8年待ち

という大人気コロッケが神戸の旭屋さんにて販売されています。

8年待っても食べたいコロッケってどんなコロッケなの?

疑問がつきないので今回はこちらを調べてみました。



スポンサーリンク

どうして8年待ちなの?

もちろんそれだけ人気だということが1番の理由なのですが、それだけではなくそもそも1日に200個しか作れない限定品なのです。

それを10個詰めたものが通販で発送されていきますので

1日20セット限定

なるほど、それは自分の番が回ってくるまでに時間がかかっても仕方ないですね。

なんで1日200個しか作れないの?

確かに人を増やしてもっと作ればいいじゃないかと思われるかもしれませんが、そうできないわけがあるのです。

実は、このコロッケを作っている旭屋さんは自ら牛の選定もしています。

その旭屋さんのお眼鏡にかなった牛だけが旭屋特選神戸牛としてこのコロッケに使われるのですが、それに限りがある為限定発売になっているそうなんです。

美味しさの秘密

どうですか?だんだん食べてみたくなってきましたか?

ここで更に美味しさの秘密をご紹介したいと思います!

畑からまず違います!

美味しい野菜を作るにはいい畑が大切ということで、旭屋さんでは畑作りから拘りが伺えます。

堆肥は牛フンとおがくずを発酵させたものを使ったり、より良い畑にする為に独自の配合で土を作っていったりです。

もちろん除草剤や防虫剤などの農薬は一切使っていないそうです。

そのせいで雑草もかなり生えるみたいですよ…

あまーいジャガイモを使用しています!

極みコロッケで使われているジャガイモはレッドアンデスという種類のもの。

特徴としてジャガイモ自体の糖度が高く、砂糖を使用していなくても、甘くて美味しいのだそうです。

美味しくなるように上記の畑で収穫してから、更に60日間専用の冷蔵庫で寝かせて甘みを最大限まで引き出しているそうですよ!

塊お肉を使用しています

普通コロッケに使うお肉と云えばミンチ状のものを想像されると思いますが、極みコロッケは違います。

サイコロ状にカットされたお肉がゴロゴロ入っているのです。

なので特選お肉の風味もしっかり味わうことができます!

8年なんてかなり先だと思われるかもしれませんが、たってみると案外あっという間かもしれませんよ。

忘れた頃に特別美味しいコロッケがくるのも案外自分へのプレゼントとしていいかもしれませんね。

まさケロンのひとこと

想像しただけでよだれが出てくるなぁ~
まさケロンも食べてみたい!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。