育児・子育て

胎児の画像をホログラムで。「ぷりホロ」はしあわせを呼ぶ技術

Written by 言祝(kotoho)

赤ちゃんが生まれたら

わが子の写真は定番

あなたに子供が生まれたらきっと写真を取ることでしょう。

やっと授かったかけがいのない命を一生残る形として写真に残す。

家族が増えました

とその写真を年賀状に使ったりします。

また、芸能人が子供の写真をブログなどで公開することは珍しくありません。

生まれたばかりの愛らしい赤ちゃんの姿は、微笑ましいもので、自分の子供でなくてもおもわず幸せな気持ちになってしまうものです。

胎児の写真は超音波画像が一般的

さて、子供がお母さんのお腹の中にいるときは、もちろん普通のカメラで写真を取ることはできません。

妊婦さんのお腹のなかの胎児は超音波画像で確認できます。

筆者も娘が胎児のときに産婦人科で撮影した胎児の超音波画像をプリントして頂いた経験があります。

表情はよくわからないけれど、新しい命が息づいていることはしっかりと確認できて、とても感動したことを覚えています。



スポンサーリンク

胎児の姿をホログラム撮影できる技術が実用化

パイオニアが開発した夢の様な技術。その名も「ぷりホロ」

もし胎児の姿をもっと鮮明な形で残すことができたら、どうでしょう。

子供が大きくなったときに

あなたがお母さんのお腹の中にいたときはこんな感じだったのよ

なんて見せてあげることができます。
そんな夢の様なことが実現できるのです。

大手電機メーカーのパイオニアがホログラムプリンターを開発しました。

超音波エコーで撮影した胎児の画像をフイルムに記録し、ホログラム映像としてプリントすることができます。

これまでの超音波画像はあくまでも胎児の成長を確認するためのものであり、鮮明さは優先されていません。

対して「ぷりホロ」は胎児の表情が鮮明に確認できます。

またホログラムなので様々な角度から胎児の様子を見ることができます。

現在限られた病院で試験的にサービスを実施しているとのことですが、大変好評で「ぷりホロ」のためだけに病院を訪れる妊婦さんもいるそうです。

妊婦さんの不安解消にも効果あり

「ぷりホロ」はマタニティ・ブルーにも効果があるそうです。

お腹の中の赤ちゃんを鮮明に確認することによって出産に対する不安が軽減されるとのこと。

胎児の表情や指の形といった成長の様子が鮮明な画像で確認できるため妊婦さんがより身近に胎児とつながっていることを自覚することができ、それが不安を払拭するきっかけとなっています。

笑顔のための先端技術

先端技術で人を幸せにする。

「ぷりホロ」 筆者はこのニュースに触れて感動しました。

先端技術を人間の幸せのために応用した好例だと思うからです。

生まれる前の胎児の鮮明な画像が残せる。
これを実現化させたパイオニアさんに心からの拍手を送りたいと思います。

今後、こんなことが出来れば

今後さらに技術を推し進めて胎児のフィギュアが作成できたり、ぬいぐるみを作ることができたりするともっと楽しくなると思います。

妊婦さんがお腹の中の胎児のぬいぐるみを抱きしめる姿なんてとても楽しそうな姿だと思いませんか?

また「ぷりホロ」の画像を元に赤ちゃんの声を分析、作成して生まれる前にその産声を聞くことができたりするのも楽しそうですね。

まさケロンのひとこと

表情までわかるって凄いなぁ~。
妊婦さんは、赤ちゃんが無事に生まれてくるか不安になると思うけど、「ぷりホロ」で少しでも不安を取り除けたらええな!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」