防災・減災

PM2.5対策 マスク選びが大事!驚異から自分を守ろう

Written by ちょこばなな

例年3月から5月にかけて中国から黄砂と共に飛来してくる

PM2.5

今年もすでにニュースなどで注意するように取り上げられていますよね。

もう観られて方も多いのではないでしょうか?

そんなPM2.5から自分を守るのに大切なのが

マスクです。

ではどんなマスクを選べばいいのでしょうか?

今回はそちらについて調べてみました!



スポンサーリンク

PM2.5用のマスク選びのコツとは?

普段使って私たちが使っているような花粉用のマスクなどは、フィルターが粗いのでPM2.5がマスクを通過してしまいマスクをしている効果が薄れてしまいます。

ではどんなマスクならいいのか?

それはDS2かN95の規格を通過したマスクです。

DS2は厚生労働省の規格にN95はアメリカの規格に合格したものになっています。

マスクを購入する際にこれらの規格に合格しているかどうか確認するのが大切ですね。

類似品もでています

よくN95相当や準拠などと書かれた商品もありますが、相当とは書かれていて相応の効果があるかもしれませんがN95ではありません。

不安な方は確実に規格に合格したマスクを購入するようにしましょう。

隙間が開かないように着けましょう

せっかく規格に合格したフィルターが細かく、自分の顔にも合っているマスクを購入しても正しく着けていなと効果がありません。

着けたときに隙間があいていたらそこからPM2.5が入ってきてしまします。

ですので着ける際は隙間があかないように気を付けましょう。

室内でも注意を

PM2.5は非常に小さな粒子です。

直径が2.5マイクロメートル以下でその小ささゆえに空気中でも長く滞在して換気などの為に窓を開けたときはもちろん一般的な家屋だと窓やドアを締め切っていても勝手に外気が入って自然に換気される為にその時に一緒にPM2.5が室内に入ってきています。

なのでPM2.5の場合汚染機関が長いと室内にいても屋外にいてもあまり変わらないという恐ろしい事態になるのです。

だからと言って今すぐに機密性に富んだ家にすることは不可能に近いと思います。

今すぐできる対策ではPM2.5などにも対応できる電子式などの表示が記載されている空気清浄機を設置するのがいいと思います。

またPM2.5を警戒している期間はあまり窓は開けず、洗濯物も外に干さず、空気清浄機のフィルター掃除はこまめに行うなど普段の生活でも小さいことに気をつけることが大切です。

PM2.5は常に身近にある驚異の一つです。

しっかり対策して自分の身体は自分で守っていくようにしましょう!

まさケロンのひとこと

ホンマに体に悪いから気いつけやなあかんで!
PM2.5は、粒子が小さいからちゃんとしたマスクを使いやぁ~

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな