Apple スマホ

iPhone6PLUSはやっぱり大きすぎるのか?ワークスペースが広がった

iPhoneの大きさ

画面サイズと重さ

微妙な大きさ

iPhone6は発売当初、ネット上にはこの最新機種に関しての様々なレビューが投稿されました。

iPhone6および6PLUSの最大の特徴はその大きさです。

画面サイズを比較してみましょう。

  • iPhone5s:4.0インチ
  • iPhone6:4.7インチ
  • iPhone6PLUS:5.5インチ

本体のサイズも以前の機種より大きくなっています。

とくにiPhone6PLUSに関してはその大きさが大きな話題を呼びました。

多くは大きくて使いづらいのではないかとの予想でした。

ほぼ紙幣と同等の大きさですから携帯して使用するツールとしてはサイズオーバーなのではないかとの懸念が多数を占めていたのです。

発売直後、販売店に出向いてその大きさを確かめた知人がいましたが、

「大きすぎる」

「重い」

「邪魔になる」


と感想を述べていました。

ネット上には

「高齢者用以外の意味が見いだせない」


という意見も掲載されていました。

つまり実用性を欠いた大きさ故に文字が大きく表示される以外のメリットが無いというのです。

理想のスマートフォン

筆者はiPhone6PLUSが発表されたときに、即予約しました。

現行の5sの機種代金を分割支払いしている最中にも関わらずです。

なぜなら6PLUSこそが自分にとっての理想のスマートフォンだと思ったからです。

筆者はiPhoneは最強のスマートフォンだと考えていました、

ただ1点を除いては。

それは

画面の大きさ

です。

筆者はスマートフォンをライティングツールだと考えており、そのような使い方をしてきました。

スマートフォンで文書を作成することが非常に多いのです。

その際支障となるのが、画面の大きさ、ある程度の大きさが確保できないとスムーズな作業が望めません。

スマートフォンで文書を作成する場合、文字入力画面が表示されることによってに作業スペースが狭くなってしまいます。

作成した文書の推敲を行うときなどはいちいちスクロールしなければならないため非常に煩雑でした。

狭い机にノートや資料を広げて作業しているようなものです。

だったら、iPadやタブレットを使えばいいじゃないかという声も聞こえてきそうですが、持ち歩くには筆者にとっては大きすぎます。

以上のような理由から6PLUSが発表されたときに、これらの不便さから解放されると直感しました。



スポンサーリンク

期待を裏切らなかった

快適な環境

そして実際にiPhone6PLUSを約2ヶ月間利用しての感想となりますが、やはり期待を裏切らない環境を提供してくれています。

画面の面積が大きくなったぶん、ワークスペースが広がりました。

文字入力のキーボードも大きくなり、入力が驚くほどスムーズになったのです。

また、メールの確認、サイトの閲覧なども楽になりました。

携帯時の大きさについても個人的には気になりません。重さもさほど重いとは感じていません。

私はAppleとは何の関係もないため、ヨイショしても何の利益も得られませんが、私的にはiPhone6PLUSは現時点で最強のスマートフォンです。

6PLUSの購入はしばらく様子を見てからと考えていたひとたちの参考になれば幸いです。

まさケロンのひとこと

スマートフォンを仕事に活用する人も増えてきたね~。どこまでスマートに(賢く)なれるのかな~?

masakeron-normal


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」