受験対策

塾・家庭教師・通信講座の選び方~教育費を視野に入れた決め方

付箋のノートとペンと筆記用具
Written by なつき

子どもが小学校の高学年にもなると、塾のことを考える保護者の方が多くなります。

中学受験に備えるためや、授業の補習的なものという理由が多いようです。

また中学生になると、勉強も難しくなり、塾に通う子どもの率がグッと上がります。

我が子が通う「塾・家庭教師・通信講座」選び。

何が決め手となるのでしょうか。



スポンサーリンク

十人十色

きっかけは・・・

中学3年生になると、殆どの子どもが塾や家庭教師を利用しています。

そのきっかけもいろいろ。

  • 友達の紹介
  • 折り込みチラシを見て
  • ネットで調べて
  • 自宅から近い
  • 難関校への合格率


でも、友達がその塾に合っているからといって、我が子にも合うとは限りません。

性格が違うように、学びの相性もそれぞれです。

目的をはっきりさせよう

まずは利用する目的を、ある程度明確にしてみることがポイント。

「何を、どうしたいのか」


それを具体的に、はっきりさせることが大切。

親子で何度か時間をかけながら話し合い、検討してみましょう。

まずは今の学校での成績を元に考えることが大切です。

  • どの教科を補強したいのか。
  • 進学・補習・その両方、目的はどれか。
  • 集団指導・個別指導、どちらを希望するか。
  • 予算の問題。


無料体験の利用も積極的に

塾がいいのか、家庭教師がいいのか、通信講座がいいのか。

やってみないと分からないというのが正直なところですよね。

実際に「お試し無料体験」を利用してみるのも大切です。

通信講座の場合は、「魅力的なおまけ」に子どもが惑わされないようにご注意を。

メリットもデメリットも考えて

それぞれのメリット

  • 自宅とは違う場所で学ぶため、メリハリがつく。
  • その塾が持つノウハウを活かした学び方が身に付く。
  • 進学に関する情報が手に入る。


家庭教師

  • 必ずマンツーマンで指導してもらえる。
  • 保護者の目が届きやすい。
  • コミュニケーションが取りやすい。


通信講座

  • 自分のペースで学習出来る。
  • 教材が分かりやすく作られている。
  • 費用が安く抑えられる。


それぞれのデメリット

  • 時間の融通が利きにくい。
  • 教師の変更が出来ない場合が多い。
  • 通塾に時間を要する。


家庭教師

  • 塾や通信講座に比べて費用が高め。
  • 教師の当たり外れが大きい。
  • 自宅に来られるので、気を遣う。


通信講座

  • 質疑応答に時間を要する。
  • 自分に厳しく根気がないと続かない。
  • 各地域、学校の情報・傾向に合った個別指導法ではない。


費用の比較

1か月の平均的な費用を比べてみると(塾・家庭教師は週3回利用の場合)、

  • 塾(集団指導) ・・・ ¥20,000~¥50,000
  • 塾(個別指導) ・・・ ¥30,000~¥60,000
  • 家庭教師 ・・・ ¥50,000~
  • 通信講座 ・・・ ¥5,000~


塾の場合、1コマの授業時間がそれぞれ違うので、比較する時は注意が必要。

1コマが、50分・60分・70分・75分・80分・90分など、塾によって時間設定は大きく変わってきます。

料金だけを見るのではなく、「1コマの時間」を確認しましょう。

塾に入りたい場合

授業料だけじゃない

塾に関しては通常の授業料のほかに、教材費・模試代、

そして夏期・冬期・春期講習代が別に必要になります。

この季節講習の出費が結構大きくて、塾によってはそれぞれ10万前後かかる場合もあるので、入塾の前に必ず確認をすることをお勧めします。

季節講習は必須?

この季節講習を拒否することは難しいと思って下さい。

塾側は「お子さんのため」という伝家の宝刀で迫って来ますし、子どもに対しても「キミの学力を上げるため」「キミの将来のため」などと、あながち嘘ではない言葉と、子どもの気持ちをくすぐる作戦を駆使してきます。

「塾に入ること=季節講習も込み」

であることを頭に入れておきましょう。

集団指導と個別指導

塾の場合は「集団指導」「個別指導」に分かれます。

個別指導の方が授業料は高くなります。

メリット

集団指導

  • ほかの生徒達と切磋琢磨して学べる。
  • 個別指導より授業料が安い。
  • 友達がいると心強い。


個別指導

  • 質問しやすい。
  • 自分のペースで学べる。
  • 無駄を省き、分からない所だけを徹底的にフォローしてもらえる。


デメリット

集団指導

  • 質問しにくい。
  • 授業を休んだり、内容が理解出来ていなくても、先に進んでしまう。
  • 優越感を抱く子がいる一方で、劣等感を抱く子も出てくる。


個別指導

  • 集団指導より授業料が高め。
  • 競争心が高まらない。
  • 塾によってはアルバイト学生が先生をしている。


某個別指導塾の月謝(通常授業:1コマ90分、単位:円)

表1 某個別指導塾の月謝(通常授業:1コマ90分、単位:円)
某個別指導塾の月謝(通常授業:1コマ90分、単位:円)


どちらにもメリット・デメリットがあるので、親子で良く検討しましょう。

教材のすごさにびっくりの通信講座

やってみようかな・・・と思わせる通信講座

続いたか続かなかったは別として、通信講座を申し込んだことがある人は結構多い筈。

通信講座は同じように育てた筈の兄弟でも、向いている子と向いていない子がいます。

ある程度やらせてみて向いていないようなら、きっぱり諦めて退会しましょう。

研究されつくしている教材

通信講座のメリットは、その教材が丁寧に作られていることです。

別に参考書や問題集を買う必要はありません。

暗記する項目を集めて覚えやすくまとめてある暗記ブックや、基礎から分かりやすく説明してあるテキスト、テストに良く出題される問題を集めた定期テスト攻略本など、痒いところに手が届く、まさに至れり尽くせりの教材。

これで学習したら「分からない」なんてことは有り得ないと思うほどです。

まずは親子一緒に

通信講座なので仕方ないのですが、但し、誰かに直接教えてもらえる訳ではないので、一人で学習することが苦手な子には向かないかも知れません。

続けさせたい場合は、最初から一人でやらせないで、親が一緒に付いて「学ぶ楽しさ」「出来た時の達成感」を実感させることが大切です。

当たり?はずれ?家庭教師の難しさ

相性のハードル

家庭教師は相性が全て。

なかなか相性が良い家庭教師に恵まれず、結局断念したというケースもあるのです。

100%の相手などは有り得ませんが、何を基準に判断するのかは子どもにとっても難しいところ。

  • 教え方が分かりにくい。
  • コミュニケーションが取りにくい。
  • 成績が上がらない。
  • 生理的にNG。


子どもの気持ちばかりを優先させるのではなく、我慢すべきところは我慢させることも必要です。

「先生に悪いなぁ」

家庭教師を利用している子どもは、自分がテストで良い点が取れないと、「家庭教師の先生に悪いなぁ」と思ってしまうケースもあるようです。

そんなふうに我が子が他人を気遣えることが嬉しくもあり、そして切なくもあり…ですね。

おもてなしは

また先生が自宅に来るので、ちょっとした気遣いもしちゃいますよね。

お茶とお菓子

コーヒーとケーキ

などで、おもてなし。

時間帯によっては食事を差し入れるケースまであるようです。

もちろん、これは義務ではないので、何も出さなくてもOK。

そうじゃなくても高い授業料を払っている訳だから、本来は気遣い無用なのです。

高校生になると

高校生活は甘くない

高校にやっと入ったと思ったのに・・・入学式翌月の5月には進路説明会が開かれます。

そして大学受験に向けてのスケジュール表なども配布され、親子してげんなり・・・。

3年間なんて短いものだから、仕方ないってことは重々分かっているけれど、世の中って厳しいと改めて実感する瞬間です。

塾よりも予備校へ

高校に入ると、塾よりも予備校に通う子どもが多くなります。

塾の方が劣っているという訳ではないのですが、同じフロアに小中学生がいることを、嫌がるようにもなるみたいです。

予備校の方が、ちょっと「大人の塾」のようなイメージがあるのでしょうか。

予備校というと、

  • 東進ハイスクール
  • 河合塾
  • 代々木ゼミナール
  • 駿台予備校


などが頭に浮かんできます。

では、その予備校の授業料ってどれくらいなのでしょうか。

4大予備校の比較

ざっくりと比べてみました

以下の内容は2013年度の内容を参考にしたものです。

※夏期講習などは含まれていません。

表2 4大予備校の比較(2013年度)4大予備校の比較2013


3科目でこれぐらいですが、実際は受講科目や特別講座等(志望校対策講座や過去問演習講座など)が、増えることになると思います。

高くなると、100万円を超す場合もあるので、アレもコレもではなく、授業料も視野に入れてよく検討しましょう。

大学受験~入学に必要な費用は?

受験するだけなのに

費用がかかるのは受験も同じ。大学受験は、結構大変。

入学願書を入手するだけで1,000円程度かかることも。

  • センター試験 ・・・ 3教科以上~¥18,000
  • センター試験 ・・・ 2教科以下~¥17,000
  • 国公立大学の2次試験 ・・・ ~¥17,000(平均)
  • 私立大学一般入試 ・・・ ~¥35,000(平均)


私立大学3校受験すると、もう10万円超え。

国公立大学もセンター試験と、前期・後期の両方を受験すると5万超え。

更に遠方だと、交通費や宿泊費も必要になるので、受験だけでも大きな出費となることを、覚悟しておかなくてはなりません。

サクラサク、サイフナク

2014年度現在の大学の入学金&授業料は以下の通りです。

あくまでも平均的な金額なので、志望校が決まったらHPなどで確認しましょう。

国公立大学

  • 入学金 ・・・ 30万円程度
  • 授業料 ・・・ 55万円程度


私立大学

  • 入学金 ・・・ 30万円程度
  • 授業料 ・・・ 80万円程度


当然のことながら、これらのお金も必要です。

専門学校や短大でも、私立大学と同じくらいか、それ以上の場合も。

また、この他にも教科書代や生活費などもかかります。

これだけの大きな出費。出来るだけ早めに、そして計画的に準備することが大切です。

高校受験から教育費が大きくなる

結構、かかります

高校受験~入学にかかる費用もなかなかのもの。

このほかに予備校や塾に通うとなると、その負担はかなり大きくなります。

公立高校(平均)

  • 受験料 ・・・ ¥2,000
  • 入学金 ・・・ ¥6,000
  • 年間授業料 ・・・ ¥120,000
  • 諸費用 ・・・ ¥330,000


私立高校(平均)

  • 受験料 ・・・ ¥10,000~¥30,000
  • 入学申込金 ・・・ ¥30,000~¥50,000
  • 入学金 ・・・ ¥200,000~¥400,000
  • 年間授業料 ・・・ ¥250,000~¥350,000
  • 諸費用 ・・・ ¥450,000


※諸費用には制服代、教材費、PTA会費、修学旅行積立金等が含まれます。

私立高校の入学申込金は殆どの場合、入学してもしなくても返還されません。

合格発表の後、入学申込金を振り込むことを忘れないようにしましょう。

可能性のかたまり

教育費は家計の大きな負担になることは間違いありません。

高校受験からの教育費は、すさまじい勢いで膨れ上がってきます。

学資保険や積立型の金融商品などで、子どもが小さい頃から、その準備を考えることが必要になってきます。

子どもはみんな、あらゆる可能性のかたまり。

その輝くような可能性を育て、伸ばして、発揮出来るような環境を作ってあげたいものです。

まさケロンのひとこと

「何を、どうしたいのか」を決めてから選ぼう!
「塾・家庭教師・通信講座」のどれがいいかは、子どもの性格にも合わせてあげたいね。

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

なつき

東京都出身。飲食店で勤務をしながら、趣味で執筆。エッセイコンクール等で入賞多数。2010年からライターとして執筆開始。2014年本格的にフリーとして始動。結婚、恋愛、教育、子育て、スポーツ、健康、保険、季節のイベント等の記事を中心に執筆。2013年FP2級取得。