ニキビ・吹き出物

大人ニキビがなかなか治らない人必見!ニキビの常識の勘違い

驚く女
Written by すずき大和

思春期のニキビは青春のシンボル!なんていわれますが、大人になってもニキビが気になっている人はたくさんいます。

「吹き出物」とか

「大人ニキビ」とか

呼ばれていますが、思春期の頃にできるのと同じ症状です。ただ、若い時とできる原因が微妙に異なっているだけです。

10代の頃のニキビは、身体が大人になる過程の一時期の現象が主な原因なので、放っておいても、時期がくればある程度自然に治っていきます。

しかし、大人ニキビの場合、原因をちゃんと理解しないで放置したり、間違ったケアをした結果、治りを無駄に遅くしたり、跡を残してしまう人が、案外たくさんいるのだそうです。



スポンサーリンク

ニキビのメカニズム、ちゃんと知っていますか?

毛穴から皮脂が分泌されることでニキビになるのではない

ニキビは、毛穴に皮脂が詰まって、細菌が繁殖し、毛穴の中が炎症をおこしてしまう症状です。皮脂が詰まるので、

「皮脂が分泌されることがニキビの原因」


と思う人がいますが、そうではありません。

肌が乾燥しないように、

肌の新陳代謝が正常に行われるように、

そして毛穴の中で悪い細菌が繁殖しないように、

常に毛穴は皮脂を分泌して肌の健康を守っています。

  • 皮脂の分泌量が活発になりすぎ、毛穴から排出するのが追いつかなくなる
  • 皮膚の角質の代謝が正常に行われず、角質が硬くなって毛穴が塞がってしまう


のどちらかの状態(あるいはその両方)に陥ると、毛穴に皮脂が詰まって、放っておくとニキビに発展します。

皮膚の問題はからだの内側のホルモンバランスの問題

皮脂の分泌が活発になりすぎる主な原因は、ホルモンバランスが乱れることです。思春期はバランスが乱れやすく、ニキビができやすいのです。

大人ニキビの場合は、

  • ストレス
  • 睡眠不足・過労
  • 偏食
  • 生活習慣の乱れ
  • 煙草の喫い過ぎ、お酒の飲み過ぎ
  • 化粧品等の刺激が肌に負担をかけている


など、様々な要因によってホルモンバランスを崩すと考えられています。

そして、角質が硬くなる主な原因は

「新陳代謝の異常」

「肌の乾燥」です。

新陳代謝がうまくできなくなることも、ホルモンバランスの乱れが大いに関係しています。また、皮脂の分泌が過剰ではなく、不足する方向に乱れた時は、肌の乾燥を促進してしまいます。肌の保湿能力が落ちる大人は、乾燥がニキビにつながる場合がとても多いです。

肌を清潔に保つためにまめに洗顔しすぎるのは逆効果

毛穴を塞いでいる角質を剥がし落とし、詰まった皮脂やその中で繁殖する細菌を取り除くためには、泡立つ洗顔フォームなどでよーく洗ったほうがいいような気がする人もいるでしょう。

メイクや汚れが落としきれないで皮膚に残っていても、毛穴を塞ぐ原因になりますから、清潔に保つことは大切です。しかし、あまり頻繁に洗いすぎると、皮膚の表面をカバーするはずの皮脂まで落としてしまいます。

また、ニキビの際に毛穴の中で繁殖する細菌は、「アクネ菌」といいますが、これは誰の皮膚にもいて乾燥などを防いでくれる働きをしている常駐菌です。繁殖しすぎると炎症を引き起こしますが、完全に除去してしまうわけにはいかない菌です。

肌の保湿のためには、洗いすぎにはくれぐれも注意してください。そして、洗った後は、男女に関わらず、化粧水や乳液でしっかり保湿するようにしましょう。

ニキビは段階を経て進む 白から黒・赤・黄色・紫へ

痛くないプツッとしたでっぱりの段階で取るほうがいい?

ニキビの出来初めは、皮脂が詰まり始めて毛穴がプツッと小さくでっぱります。毛穴がすけて溜まった皮脂が白っぽく見えることが多く、この状態は「白ニキビ」です。

この段階ではまだアクネ菌の繁殖はそれほど進んでおらず、炎症もないので触っても痛くありません。透けて見えていた頭がちょっと毛穴から出ていると、空気に触れている部分の皮脂が酸化して「黒ニキビ」に見えることもあります。

この段階で詰まっているプツっとしたのを外に出してしまえれば、すぐに治ります。

表面に出っ張っているものは、ちょっと爪でしごくと取れてしまうこともありますが、爪をたてたりゴシゴシ洗うことで、毛穴の皮膚を傷つけ、傷による炎症を起こしてしまう危険もあります。

市販のニキビ薬などを使うと割と簡単に取れますから、引っかいて取らずに、薬を塗ったり、角質がとれる洗顔オイルなどで優しく洗ってみましょう。鼻の頭の場合は、毛穴パックでポロッと取れることがあります。

芯が見えるニキビは芯を出してしまえば治る?

アクネ菌の繁殖が進んでくると、毛穴の内側の炎症が始まり、ニキビの表面が赤く腫れる「赤ニキビ」になります。押すと痛みも感じるようになります。この段階で塗り薬など使い、そのまま炎症が治まれば、腫れも痛みもだんだんひいてなくなります。

炎症が進んで中に膿をもってくると、腫れはもっと大きくなり、毛穴の表面に膿が透けて見える「黄色ニキビ」になります。これはもう触っただけでかなり痛いです。

皮膚科にいくと、表面を開いて膿を出してくれることも多いです。いわゆるニキビを“潰す”わけです。潰して膿を出してしまうと、嘘のように痛みがなくなり、腫れも次第に引いていきます。一度自分で潰したことがある人は、このことをよく知っているので、つい自分で潰してしまいがちです。

しかし、新陳代謝が活発な思春期の頃はともかく、大人の場合は自分で潰すと、跡が残ってしまう場合も少なくありません。毛穴の内側の血管まで炎症が及んでいる黄色ニキビは、潰すと膿のあとから血もでて、やがてかさぶたができます。

自然にかさぶたがはがれるまで待てば綺麗に治ることもあります。が、生半可な時につい何かに引っかけて剥いてしまうことを繰り返し、そこからまたばい菌が入って腫れてしまうケースもありがちです。

また、炎症して膿んでいる部分が深い所だと、赤ニキビのまま腫れ上がったり、芯が見えていても、ちょっと押したくらいでは中身が出てこない時があります。そういう時に指でしごいて無理やり芯を出そうとすると、膿よりも毛穴に近い所の毛細血管が先に破れて出血し、やはり余計な炎症を促すことになります。

赤ニキビは放っておかないほうがいい

潰し慣れてしまっている人は、赤ニキビの時は放っておいて、

「膿が出てきたら芯を出しちゃえばいいや」


と考えるかもしれません。

しかし、大人ニキビは赤ニキビのまま、芯が見えずに痛みと腫れが増していくものも多いです。黄色ニキビや芯が見えないまま進行するニキビが更に進むと、毛穴の中に血膿がたまり、しこりのような「紫ニキビ」になります。こうなると、治っても跡が残る可能性が非常に大きいです。

  • 赤ニキビの段階で薬をつけて治す、
  • 白ニキビの段階で引っかかない方法で詰まりを取る
  • そもそもニキビの原因を作らないよう予防する


大人ニキビはこれが肝心です。黄色ニキビがどんどん大きく痛くなるようなら、自分でいじらずに皮膚科へ行きましょう。

いつまでも治らないとか、極端に大きなニキビは、ニキビじゃない病気の場合もあります。同じ所がくり返しニキビになる場合なども、危険な病気が隠れている可能性があるので、気になるニキビができたら、やはり迷わず皮膚科に行きましょう。

大人のニキビは思っているよりあなどれないものだということをお忘れなく。

まさケロンのひとこと

ニキビってたくさんの色があって意外とカラフルだったんだね。綺麗じゃないけど・・・。

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。