ミュージカル

日本でミュージカルはなぜ一般化しない?本場との違いはなぜ起きる?

覗き見するネコ
Written by 畑中ことり

日本のミュージカルはなぜ一般化しないのか

日本では、ミュージカルを楽しんでいるのは一部のミュージカル好きな人たち。大多数の人にとってミュージカルと言えば、ブロードウェイのミュージカルを映画化したものではないでしょうか?

ニューヨークやロンドンなど、都心部にいくつも劇場があり、

『仕事帰りに気軽に劇場に足を運ぶ』

という楽しみ方が日本で浸透しないのはなぜでしょう?



スポンサーリンク

日本のミュージカルの上演スタイル

日本ではどのようにしてミュージカルが上演されているのでしょうか。

劇団形式

劇団とは、俳優、制作部門、劇作家、演出家などがいる、舞台演劇で活動している団体のことです。欧米では劇場に所属している場合が多いです。日本のミュージカルでは、

  • 劇団四季
  • 宝塚歌劇団
  • わらび座


が有名です。

プロデューサー・システム

アメリカで発達した演劇を上映するためのシステムです。プロデューサーが企画に基づいて資金を集め、劇場を借り、俳優や制作スタッフを集めます。制作の主体は、映画会社や芸能プロダクションなどさまざまです。

有名なのは、大手芸能プロダクションのホリプロが、毎年、夏に上演しているピーター・パンです。映画で有名な東宝株式会社は演劇も手がけていて、マイ・フェア・レディやエリザベートなどの有名作を上演しています。

利益が出にくい日本のミュージカル

ロングラン上演が難しい

日本では、専用の劇場を持つ劇団以外は上演期間が週単位、長くてひと月ほどです。これは、日本の劇場の契約が週単位か、月単位が多いためです。

  • チケットが10,000円として、
  • 2,000人収容できる劇場で、

それぞれ1週間、1カ月ミュージカルを上演したとします。

1週間の場合

チケット代10,000円×客数2,000人×公演期間7日間=「1億4千万円」


1カ月の場合

チケット代10,000円×客数2,000人×公演期間30日間=「6億円」


上記の数字は単純にチケットの売上です。客数を2,000人と仮定しましたが、これは帝国劇場や宝塚の大劇場クラスです。

そこを常に満席にして、仮に1カ月公演し、1日に2回公演したとして、そこから俳優のギャラ、スタッフたちへのお給料、劇場のレンタル代、舞台装置や衣装に宣伝費などの経費が引かれ、いくら利益が残るのでしょうか。

ブロードウェイの人気作品、『ウィキッド』を劇団四季で上演した際は、衣装、大道具だけで10億円以上かかったと言われています。1カ月の公演ですら採算があいません。劇場がもっと小さくて収容人数が少なかったり、チケットが売れないと利益どころか「赤字」です。

一方欧米では作品に人気が出て、ロングラン上演になると、5〜10年間もの長期間、上演し続けます。そうなって初めて、ミュージカルは高い収益を生むことができるのです。

短い上演期間が生むデメリット

利益を温存するため、高い制作費がかかる大作を制作できません。短い上映期間で安定した集客を得て、利益を出すために、

  • 座頭に知名度の高いスター俳優を起用
  • 演目はブロードウェイの人気作品になりがち


です。また、上演し続けることで、芝居の内容に手直しを加え、完成度を高めていくことが難しいのも問題です。

日本はミュージカルが育つ土壌がない

アメリカではオフ・ブロードウェイと呼ばれる100席から500席ほどの小さい劇場でもミュージカルが上演されていて、人気が出るとブロードウェイに進出します。

このように、小劇場から躍進した代表作に

『コーラス・ライン』

があります。日本では新しいミュージカルが上演される機会が少なく、発表する場所がありません。これではミュージカルの作家、脚本を書くクリエイター、ミュージシャンが育ちません。俳優も出演回数をこなすことができず、キャリアを積むことができません。

敷居が高い日本のミュージカル

高いチケット代

公演によっては、チケット代が12,000円もする演目もあります。これが、元から少ないミュージカル人口の足をますます劇場から遠ざけています。「利益が出にくい日本のミュージカル」でご説明した通り、短い上演期間で利益を出すためですが、もうひとつ理由があります。

1日2公演の功罪

最近のミュージカルの傾向として、歌のパートが増えています。それがチケット代の高騰に直結しています。欧米では1日1公演ですが、日本のミュージカルは上演期間が短いため、昼と夜の1日2回公演が中心です。

俳優の喉の負担を配慮して、ダブルキャスト、トリプルキャストが採用されます。ダブルキャストが採用されるのは、もちろん主役級のキャストです。つまり、最もギャラが高いとされる俳優たちです。

衣装もそれぞれの役者のサイズに合わせて作るため、衣装代が余分にかかります。それら全てが入場料に跳ね返ってくるのです。

まとめ

日本では、ミュージカルが

「ショービジネスとして成り立っていない」

のが現状です。その中でも、劇団四季、宝塚歌劇団、わらび座は養成所も併設し、人材の育成に努めています。

また、どの劇団もオリジナル作品に力を注いでいます。ブロードウェイの人気作品に比べるとまだまだ目立ちませんが、今後に期待したいですね。

まさケロンのひとこと

日本人がもっとお金持ちになれば、、!!

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

畑中ことり

関西在住です。あれ?と思ったことはすぐにスマホで検索する検索番長。ガジェット好き。サブカルチャー好き。アメリカに4年ほど住んでいて帰国したばかり。英語を忘れないためTOEIC600点目指して勉強中です。