食欲の秋

食欲に負けそうな秋に、無理せず食べすぎを防ぐコツ

%e9%a3%9f%e6%ac%b2%e3%81%ab%e5%8b%9d%e3%81%a6%e3%81%aa%e3%81%84%e3%82%84%e3%81%a4
Written by すずき大和

読書の秋、スポーツの秋、芸術の秋・・・・

秋といえば夢中に打ち込みたくなることはいろいろありますが、

本当は太っちゃうからあんまり旺盛になってほしくないのに、抑えきれなくなるのが

『食欲の秋』です。

ほんと、秋の味覚はどれもこれも本当に美味しくて、あれもそれも食べたくなってしまいます。

高まる食欲を上手に抑え、美味しく満足しながらも、食べすぎないようにするコツってないものでしょうか・・・。



スポンサーリンク

秋に食欲が高まるメカニズム、太りやすくなるからくり

どうして秋は食欲旺盛になるのか

暑くて夏バテしていたからだが回復し、体力も戻ってくると、だらだらしがちだった日常も動くのがおっくうでなくなってきます。からだが動きやすくなれば代謝もよくなり、内臓の働きも脳の働きも活発化させますから、おのずと食欲が出てくるものです。

しかし、秋の食欲の高まり方は、単に

「体調がいいから・・・」

などという程度を超えるものがあります。

理由はいろいろな説がありますが、生理現象として、わかっていることがいくつかあります。

1, 日照時間とセロトニンの関係

秋になって急激に日照時間が減少してくると、脳内の精神安定物質「セロトニン」の分泌が減ってしまいます。セロトニンが足りなくなると、脳は満腹中枢の働きを鈍くして、食欲を収まりにくくすることがわかっています。

日照時間のほかに、セロトニンの分泌を促す刺激のひとつは、糖質・乳製品・肉類の摂取量を増やすことです。からだはセロトニンを増やそうとして、食欲を増すわけです。

2, 気温の低下と基礎代謝の関係

気温が体温より低下してくると、温度が低くなるほど、からだは体温を保つためにエネルギーを燃やします。涼しくなると、この基礎体温調整のための代謝=基礎代謝が高まる分、お腹がすく、とも考えられます。

夏バテの反作用で太る、という罠

しかし、一般的に、運動による代謝ではなく、基礎代謝が高まると、食べても太りにくいからだになると考えられています。気温の低下により、基礎代謝が高くなってくれば、少しくらい食欲が増しても太らないはずです。

秋に太りやすいのは、逆に、気温が下がっても基礎代謝が上がってこない人が増えているせい、と指摘する説もあります。

夏の間は基礎代謝が最も低くなります。食欲も落ちますが、だからといって、三度三度きちんと食べず、クーラーの効いた部屋でゴロゴロする習慣をつけてしまうと、からだは低代謝低栄養、老廃物の排泄も停滞する状況に適応して、節約モードの体質にだんだん変わっていきます。

そうなると、秋になって気温が低下しても、なかなか代謝も老廃物の排泄も活発にならず、水分ばかりとっていた食生活から再び食べるようになった時に、とても太りやすい体質になってしまっているわけです。

食欲の秋に太らない方法

これらの食欲増進や太りやすさの原因を踏まえて、太らないようにする方法を考えてみましょう。

セロトニンをほかの方法で増やす

セロトニン不足による満腹感の後退は、日照時間が原因ならどうすることもできません。が、食べて増やす以外の方法でセロトニンの分泌を促す方法がもう一つあります。

それは「睡眠」です。

よく寝ることで、セロトニンの分泌が活発になります。

秋の夜長といいますが、夜更かしせずに十分すぎるくらい睡眠時間をとることで、セロトニン不足を少しでも補うようにしましょう。

食べずに満腹感を早める

食事の仕方を工夫することで、たくさん食べなくても食べたように感じさせる、つまり満腹中枢をうまく騙すことができます。

1, 野菜や海藻類を先に食べる

低カロリーでビタミン・ミネラル・食物繊維が豊富な野菜類を先に食べると、満腹感を早く感じやすくなります。また、これらは消化にも時間がかかるため、腹持ちがよくなり、間食の食欲を抑えます。

2, ノンカロリーの飲み物を一緒に摂る

お茶、水、ブラックコーヒーなど、ノンカロリー飲料をたくさん飲むことである程度お腹いっぱいにすると、食べる量を少なく抑えられます。

3, ゆっくり食べる

満腹中枢は、主に血液内物質の量を感知して働きます。食べ物の栄養が血中に反映されるまでには消化を始めてから15分くらいかかります。

急いで食べると、満腹中枢が働く前に、すでに食べすぎてしまうケースも多々あります。ゆっくり食べることも、食べすぎを防ぐ重要な要素です。

4, 食べること以外に注意をそらす

一番いいのは、誰かと会話を楽しみながら食事することです。話に夢中になっていると、あんまり食べなくても気持ちが満足してしまうことは多いです。

食べても太らない体質にする

一番大事なのは、夏の間にダラダラしすぎて太りやすい体質を作らないことです。ダラダラしちゃった人は、秋からでも、筋トレして筋肉を増やすなど、基礎代謝を増やす努力をすること。

特別な運動をしなくても、普段から姿勢よく、キビキビ動くように心がけるだけでも、筋力はつき、代謝が増えます。なるべく階段を使うとか、おっくうがらずにマメに身の回りを片付けるようにするとか、工夫しましょう。

といっても、そんなに意図的にキビキビできる精神力があれば、食欲に負けずに食べる量をセーブできそうですね。できるところをせいぜい心がけてみましょうか、皆さん。

食欲の秋に負けるなー!!

ここで負けると、大食漢の正月にも絶対負けちゃうぞ(笑)

まさケロンのひとこと

秋ならではの料理がこれまた美味しいんだよね~!ばっくばく食べちゃうよね。まさケロンがこんな体型なのもそのせいかも。

masakeron-oko


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。