ビジネス・経済ニュース ファッション

Adidasが写真をスニーカーにプリントするサービスを開始予定。

Written by 言祝(kotoho)

instagramにて発表

加工した写真もOKということ?

Adidas

写真をスニーカーにプリントしてオリジナルの一足を作ることのできるサービスを2014年8月から開始することを発表しました。

発表を行った場がInstagramのAdidas公式アカウントにおいて。

Instagramといえば画像を共有できるSNSです。

多彩なフィルター機能を使用することができるため、誰でも雰囲気のある写真を投稿することができます。

instagramアカウントにて発表されたということは、

加工した写真もOK

ということを表しているのでしょうか?

筆者もinstagramを使用していますが、フィルターで加工することによってただの写真がなんともいい感じに仕上がったりするんですよね。

カスタマイズとはひと味違う

Adidasはすでにあらかじめ用意されたパーツを自由に組み合わせてオリジナルのスニーカーを作るサービスを提供しています。

いわゆるカスタマイズですね。

これはこれでオリジナルの一足を手に入れる方法の一つではあるのですが、今回発表された写真プリントサービスはカスタマイズとは違う楽しさがありますね。

もちろんinstagramで撮影した写真に限らずどのような画像でもプリントしてくれるはずです。

旅行先で撮影した思い出の風景であったり、子供の写真でもOKなわけです。

そんな写真がプリントされたスニーカーはまさに世界に一つだけの逸品。

いやがおうにも期待が高まるというものです。



スポンサーリンク

価格は2万円台になる予想

日本でも購入可能かは未定

本サービスに関するアナウンスは現時点では英語で行われています。

詳細は不明

サービスを8月に開始するという情報のみです。

専用アプリを通じて注文するスタイルを採用するようです。

日本でも注文が可能かどうかはサービスが始まってみないとわかりません。

価格帯は海外サイトの情報によれば、ベースとなるランニングシューズの値段が85~90ドルであることから200ドル以下になるだろうと予想されています。

日本円にしておよそ2万円前後。

妥当な価格設定であるといえるでしょう。

可能性が広がるサービス

同様のサービスをユニクロが最近開始し話題となっています。

これからは既成の商品のなかから自分の好みのものを選ぶという形態から、自分で作るというスタイルに少しづつではありますが、移行していく傾向にあるのではないでしょうか。

他社でも同様のサービスが展開されるようになると、楽しくなりそうですね。

まさケロンのひとこと

オリジナルの物を見つけるのって気持ちい良えやんなぁ~
おんなじ物を持ってる人がおらんさかい目立つで!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」