夏の話題

夏バテ対策!!早めの対策で夏を乗り切る

Written by ぽぷらこ

昔から夏になると

夏バテに注意!

という言葉をよく聞いていましたが、昔の夏バテと最近の夏バテは少し違ってきているといわれています。

昔の夏バテは暑さによる

  • 食欲低下
  • 偏食
  • 睡眠不足

からくる体のだるさの総称でした。

それに対して最近の夏バテは

体温調節ができずに体が混乱している

状態を指します。

暑い外と寒すぎるくらい冷房の効いた室内で体温の調節がうまくできずに自律神経失調状態になっている場合です。

昔と違う近年の夏バテ、どのような対策をたてればよいのでしょうか?!



スポンサーリンク

暑さ対策よりも寒さ対策

夏なのに寒さ対策?!

と思われた方がいらっしゃるかもしれませんが、近年の「夏バテ」対策のポイントは実は

寒さ対策

  • オフィス
  • カフェ
  • レストラン
  • 図書館
  • 百貨店

などが思いの他寒くてどうしようもなかったという経験はありませんか?

外が暑く薄着ですと寒い時にどうしようもないですよね。

仕方ないからと我慢していると頭痛がしてきたり、お腹が痛くなったりと体調を崩してしまいがちです。

どんなに暑くても

  • 羽織れるもの
  • 薄手のジャケット
  • ストール
  • カーディガン

などを持ち歩くことが近年の夏バテ予防には大切です。

とくに、女性や子供、お年寄りは急な寒さ、温度変化に弱いですので注意しましょう。

定期的に汗をかく機会をつくる

室内はどこでも冷房が効いていてオフィスで仕事をしていると真夏でも汗をかくことはほとんどありません。

家でも冷房、仕事中も、そして帰ってから、寝る時もずっと冷房の中で生活していると夏バテになる可能性が大ですよ!

汗をかくことは、体の体温調節のためにも、血流をよくして老廃物を排出するためにもとても重要です。

適度な運動をする、半身浴でじわじわと汗を流す、涼しい時間帯にウォーキングをするなど、自分の好きな方法、続けられる方法でよいので意識的に汗を流す機会をつくることも夏を乗り切るためのポイントです。

食欲がなくても食べること

夏は、暑くて食欲がなくなる時期。

  • これが食べたーい
  • おなかすいたなー

ってあんまり思わないんですよね。

喉は乾くけど、食べたいものがない….

食べないといけないけど、これといって食べたいものが浮かばない….

ということに。

結局、カンタンなメニューで済ませてしまったりしがちです。

たまにですと問題ないのですが、この状態が続くとじわじわと体が疲弊してきます。

汗をかくと、ビタミンミネラルが体から失われていきます。

補給ができないと体力が落ちて夏バテに。

スタミナがもっとも大切な夏ですので、しっかりと食べることはとても大切です。

とくに、ビタミンやミネラルを補給することを忘れないようにしましょう。

お子様などは特に汗をかきますので、お母様は自分が食べたくなかったとしても、子供のためにしっかりとスタミナのあるご飯を準備してあげて下さいね。

レシピを工夫すると新鮮で楽しい食卓になるかもしれません。

睡眠を確保する

食事と同様、当たり前ですが

睡眠も大切

です。

冷房はかならずタイマーにして寝ましょう。

朝まで冷房がついているとそのときは快適ですが、だんだんと体がだるくなってきます。

眠りにつきやすい環境、アロマなどもうまく利用して、寝苦しい夏でも快適な睡眠を確保できるように工夫しましょうね!

まさケロンのひとこと

冷房の効いた部屋にずっといたら、ホンマに体がだるーなってまうのやろ。
室内と室外の温度差が大きいと体調も崩しやすいし。夏バテにもなりやすいから注意せんとアカンで!

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ぽぷらこ