食事療法・治療食

どくだみ茶の効能と副作用。知っておくべき豆知識!

Written by たき

どくだみ茶

変な名前ですよね。こんな変な名前なのに、

副作用はないの?

効能は?

なんて、気になります。

これを機に覚えていってください!

どくだみ茶という名前の由来

どうして「どくだみ茶」なの?

どくだみ茶はなんでこんな

を連想させるような名前なのか…
言っちゃなんですが、ひどいネーミングだと思いました。

その理由は臭いところにあります。

どくだみは道端によくあるんです。可愛い小さな白い花を咲かせています。

可愛い小さな白い花。花が好きなら近づきたくなりますよね?

と こ ろ が !

このどくだみ、独特な臭いを放ちます。

「この臭いは…何か毒でも入ってるんじゃ?」

こういったことから、

「毒溜め(どくため)」
 ↓
「どくだみ」

へと変化してこの名前になったと言われています。

どくだみ茶の別名

しかし、実はこれとは別の名前もあるんですよ。

それはどんな名前か、というと

十薬です。

十薬は「じゅうやく」と読み、「重薬」とも書かれます。

漢方で「十以上のちからを持っている」という意味で、このように呼ばれているそうです。



スポンサーリンク

どくだみ茶の効能。どんな「いいこと」があるか?

利尿効果成分、排便促進成分を茎、葉、花に含んでいるんです。なので、体内の老廃物を除去する作用があります。

抗菌作用も

そしてあの独特な臭い…実は抗菌作用があるんです。

昆虫たちもどうやらあの臭いを嫌うようで、白アリ予防や食品防腐剤としても使用されているとか。

「便秘」「風邪」「冷え性」に効果あり!

もちろん一般的には「どくだみ茶」として飲用しますよね。

煎じて飲むことで、先ほど排便促進成分がある~なんて言いましたが、

便秘に効果絶大です!

また、風邪や冷え性にも効果があります。

どくだみ茶の副作用

過剰摂取に注意

ここまでいいことだらけのどくだみ茶…副作用がないわけない!

どうやら、過剰摂取することで副作用が生じる可能性があるそうです。

それは 高濃度のカリウムが含まれているからです。肝機能に異常をもたらす場合がある、ということです。

また、殺菌作用が強すぎることで、逆に体の抵抗力を奪ってしまい、風邪をひきやすくなってしまうことも…

皮膚炎や光線過敏症などの症例も見当たります。

みなさん、どくだみ茶の過剰摂取にはお気をつけください。

過剰摂取にさえ気をつければエリート薬草!

しかし、過剰摂取をしなければ、どくだみに副作用はありません。
優れた薬効が認められているエリート薬草といっていいでしょう!

健康維持のためのお茶、どくだみ茶。決して薬ではありません。簡単に手に入れることができます。

摂取量を守り、日常生活に取り入れて健康な日々を過ごしましょう!

まさケロンのひとこと

まさケロンもどくだみのあの匂いは好きやないわ・・・
でも、体にいいと聞いたらいっぱい飲んでまうな
おっと、過剰摂取はあきまへんで

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。