食事療法・治療食

チョコレートの効果で高血圧を予防できる!

Written by たき

歳を取ると生活習慣病にかかる人が多くなって来ると思います。

この生活習慣病の中でも高血圧に苦しめられる人はかなり多いです。

世界保健機関(WHO)が調べた結果によると、世界で25歳以上の3人に1人が高血圧患者であることが分かりました。

大体、世界中でおよそ

10億人

の人がこの病気になっているということになります。

この病気は、脳卒中や虚血性心疾患(きょけつせいしっかん)などを引き越してしまう病気の一つです。
 
高血圧になってしまうと、塩分摂取の制限や動物性脂肪の取り過ぎに注意する、などといった食事制限をしなくてはなりません。

自分の好きなものを食べられなくなるのは辛いですね。。

しかし、あるものを食べることによって血圧を下げ、高血圧を予防することができます。
そのある食べ物とは・・・

チョコレートです!!



スポンサーリンク

高血圧を食べて治そう!!

チョコレートを食べ過ぎると鼻血が出る、と昔からよく親に言われていた記憶があります。なので、

「チョコを食べると血圧が上がるのでは?」

と思われがちです。
 
しかし、ある食べ方をすることで血圧を下げる効果を生み出すことになります。

ある食べ方とは?

その食べ方を説明したいと思います。

まず、一日に食べる量ですがだいたい板チョコレートの半分か2/3ぐらいの量が適量です。

この量のチョコは、一度に食べるのではなく、時間をあけてちょっとずつ食べるのが良いです。
 
この食べ方は、血管をしなやかにする血液中の

エピカテキン

の濃度を高濃度で保つことができ、血圧を下げることにつながります。

しかし、ブラックチョコレートやビターチョコレートといったカカオの含有量が多いチョコだけが、高血圧の予防につながる効果を得ることが出来る!

と東京医科大学の椎名一紀先生が『みんなの家庭の医学』(テレビ朝日番組)の中でおっしゃられていました。

すぐに効果を得ることが出来るわけではありません。

毎日少しずつ食べるという積み重ねが大切です。

継続は力なりというやつですね。

高血圧に悩まされている方や、高血圧になりたくないという方(おそらく皆そうだと思いますが)

是非お試しアレ!

まさケロンのひとこと

チョコレートにこんな効果があったんか!
用法用量を守って正しくお使いください、ちゅうやっちゃな
そんで継続は力なりってことや

masakeron-surprised


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。