降ってきたのは何?雨・雪・みぞれ・あられのメカニズムと境界線

Written by すずき大和

極寒の季節、雪国じゃない所にお住まいの皆さんは、交通機関の遅れの原因になる「雪」予報に敏感になってくる頃です。雪はちょっとの量でも、地面や電車の架線を凍らせることもありやっかいですね。

半端に寒いと、雨でも雪でもない「みぞれ」になることもあります。

そんなに寒くないのに、雪より大粒の「あられ」が降ってくることもあります。

ところで、初冬の季節、みぞれがふっても“初雪”と発表されますが、あられが秋にふっても“初雪”にはなりません。感覚的には、あられのほうが雪に近い感じもしますが。

空から降ってくるものは、どこからどこまで雪なのでしょう?



スポンサーリンク

雪の定義って何?

日本には雪の名前がいっぱいある

  • 細雪(ささめゆき)
  • 粉雪(こなゆき)
  • 粒雪(つぶゆき)
  • 灰雪(はいゆき)
  • 牡丹雪(ぼたんゆき)
  • 淡雪(あわゆき)
  • 玉雪(たまゆき)・・・・

降る雪を表す日本語はいろいろあります。積もった時の状態や降るタイミング、降る場所によっても様々な名で呼び分けられます。

定義が分かりやすいものもありますが、非常に情緒的、感覚的な呼び名や、地域が異なるとニュアンスが変わる名称など、アンニュイで微妙なものも多いです。

気象予報や観測・記録をするには、区別があいまいだと混乱します。天気に関しては、国ごとの決まりや、国際的に統一した言葉の定義が定められており、私たちが毎日見る天気予報で使われている用語は、これらのルールに則しています。

降ってきたものの呼び分け

天気予報では、上空の雲から降ってくるものを大きく5つに呼び分けています。

1, 雨 rain

“水の状態で降ってくるもの”は雨です。
降り方によって、「豪雨」「霧雨」「にわか雨」などの名称があります。

2, みぞれ sleet

雨に雪が混ざったもの。正確にいうと“解けかかっている雪”です。

3, 雪 snow

“雪の結晶(氷晶)状態で降ってくるもの”です。ベタベタもサラサラも、結晶がみられる氷粒は、気象観測上は全部まとめて雪です。

4, あられ hail

あられは、“氷晶がない氷の粒”です。“直径5mm未満の氷粒”がこう呼ばれます。複雑な結晶がある雪と比べると、含まれる空気が少なく、密度の高い氷の塊になっています。

5, ひょう hail

“氷粒の直径が5mm以上”になると、ひょう(雹)と呼ばれます。英語ではあられと同じ表現ですが、天気予報用語では分けて呼んでいます。

観測記録の取り扱い

予報文は、人が実感する天気の感覚を重視して言葉分けされています。一方、気象観測的には、科学的な違いの記録を重視する傾向があります。

あられもひょうも、降ってきたものは“雪”ではなく“雨”として観測されます。

みぞれは、雪の結晶が残っていないものも、全部“雪”と記録されます。

そして、降ってくる水分はすべて水に解かして“降水量”として換算されます。

大雑把にまとめると、

  • 事象としては5段階で呼び分けられる
  • 降水量の記録としては全部“雨”扱い
  • ただし、天気としては、“雪”だけ特別に記録される
  • 原則的に、“雪の結晶”が見られるものが雪

と考えるとわかりやすいでしょう。

雪誕生のメカニズム

始まりはいつも雪

空気中の水蒸気が水に戻って降り注ぐためには、実は、一度雲の中で必ず“雪”になっています。

空気中に含むことができるMAXの水蒸気量を「飽和水蒸気量」といいます。

温度が下がる程、飽和水蒸気量は小さくなり、空気は上空へ行く程、温度が下がります。

高い空の上の空気は温度が下がって飽和状態となり、過剰な水蒸気が水の粒に戻り、それが集まって雲になります。雲が更に上空に上がると水の粒は氷の結晶を作ります。雲の中で更に水の粒がくっついて凍り、複雑な雪の結晶(雪片)に育ちます。

雪片が大きくなってくると、重力で下に落ちてきます。下の空気が暖かいと、落ちる途中で雪片は解けて雨になりますが、気温が低いと雪やみぞれの形で降ってきます。

この時、上空に“上昇気流”が起きていると、落ちて解けかけた雪片がまた上に舞いあげられ、解けたところがまた凍ります。何度も舞い上げられ、解けたり凍ったりしていると、結晶のない密度の高い氷粒に育ちます。舞い上げられないくらい大きく重たく育つと降ってきます。粒が大きいので、多くが解けずにあられやひょうとして地表まで到達します。

雪じゃない氷、雪になる氷

上昇気流が起きやすいのは極寒の季節より夏場のほうです。気温が高いので雲の中の氷粒も溶けやすく、上昇気流で舞っているうちに、何度も解けて凍ってを繰り返して大きく育ちやすいです。そのため、あられやひょうは、冬より春や秋の方が多く見られます。

雪を雨と分けて記録するのは、気温や湿度の変化を把握するのに役立つからです。正確に季節の移ろいを知るためには、あられやひょうは雨扱いにしたほうが、雪データの精度が高まります。

寒い季節、地表近くの気温が上空より低いため、雨が再び氷粒になることがあります。

「凍雨(とうう)」

と呼ばれる現象です。見た目は透明な氷粒ですが、天気予報では“雪”として扱います。

また、空気中の水蒸気が昇華するダイヤモンドダストは、気象用語で

「細氷」

といいます。これも実は微小な氷晶で、晴れていても天気は “雪”と記録されます。

凍雨は地表の気温が0℃以下、細氷は氷点下10度以下で見られる事象です。十分雪の降る気象の記録になるといえます。

まさケロンのひとこと

雪の名前こんなにあるって知らなかったな~。タイトル下のアイキャッチ画像は「粉雪」だよ。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。