カメラ・撮影

これで解消!スマホ自撮りが苦手な人でも簡単に取り組めるポイント

Written by たき

最近では各種SNSツールを使って、自撮り写真を投稿する機会が増えましたね。

私は婚活アプリや出会い系サイトを利用した経験があり、自撮りをすることが多かったです。

なので、より自分をアピールできる「スマホを使った自撮りのポイント」を説明したいと思います。



スポンサーリンク

フィルター機能を使って女性らしさを強調する

エフェクトを使いこなしてイメージアップ

スマホで自撮りをするなら、まずはいろんな種類の

「画像加工アプリ」

を集めるところから始めましょう。

たくさんあってどれにすれば分からない時は、ネットの口コミで人気があるアプリを参考にしてください。

普通に屋内や屋外で写真を撮影しても、よほどラッキーではない限り、変な反射の仕方や肝心な顔が暗くて見えないなどの問題が起こりがちです。

でも、フィルター機能を使えば、撮影した写真が見違えるほど鮮明になって、暗さのない明るい印象の仕上がりになるので基本事項として覚えておくと良いです。

加工アプリにもよりますが、フレッシュやエレガントなどの、優しい光で自然に照らされるようなフィルターやエフェクト機能を選ぶと、女性らしい柔らかいイメージの自撮りが可能です。

男性なら横向きや斜め下からの角度がイケメン度アップ

女性だけでなく、男性も自撮りについては色々と試行錯誤をすることが多いでしょう。

真正面から自撮りすると、大抵はなんだか違和感を感じて納得できないものです。

それは表情をつくるのがとても難しいからです。

女性ならメイクアプリを使って完璧に加工したり、淡い色味のフィルターで雰囲気作りができます。

でも男性はそういうわけにもいかないので大変ですね。

それなら、角度を調整して横顔を移したり、

「目鼻立ちがくっきり見える下の角度」

から自撮りしてみると、意外とイケメン度の高い仕上がりになります。

首の下のアルミホイルをセットして光調整する

家庭にあるものでラクラク光調節

自撮りをする時にとても大切なことは、肌が綺麗に見えるように光調整をすることです。

普通に撮影をしてから、加工アプリで美白機能を使っても、顎と首まわりの境で不自然な影ができるのです。

そこで簡単に肌を白くして透明感を出す方法として、

「家庭用アルミホイルを首の下にあてて、下から光を乱反射させる」

と自然な美しさを演出できるというわけです。

言ってみれば、映画やドラマで大きな傘のような物をスタッフが持ち歩いている、あの道具の代用品です。

肌だけでなく目元も少しうるっとした瞳に映りますから、キュートなイメージも同時に演出できるので良いと思います。

顔出しに抵抗アリならボディの自撮りがOK

自撮りというと顔を撮影するイメージがありますが、

「自分のお気に入りの体のパーツでも良い」

のです。

女性ならネイルが綺麗にバッチリきまっている手とか、お洒落なパンプスを履いた脚などですね。

男性は座った時にズボンや靴、持っている小物などが分かるような、上からの撮影方法がオシャレで人気があるようです。

個人が特定されないように、アプリ内で簡単にモザイクなども入れられますし、あらかじめテンプレートが設定されているなら、撮った写メを当てはめるだけなので簡単です。

もちろん体のパーツでも美肌効果やシミ消しなどの機能が使えて、とてもキレイに仕上がるので魅力的ですね。

まとめ

意外と知らなかったスマホ自撮りのテクニックはありましたか?

近頃はさまざまな機能を備えた写真加工アプリが、続々と登場していますね。

そのなかで使いやすいものを1つに絞るのは難しいと思います。

ですから、肌をキレイに見せてくれるものや、フィルターが多数揃っているもの、ネーム入れやデコレーションができるオプションが多いアプリを選ぶと、かなり使えるのでお勧めです。

自撮りは加工アプリ次第でモデル並みの撮影が可能ですので、じっくりと選んで素敵な写真を撮影してください。

まさケロンのひとこと

アプリ自体が面白いから、自撮りに試行錯誤するのもなんだか楽しくなってくるよね~!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。