生活の豆知識

馬主になるにはどんな条件が?お金持ちしかなれないの!?

Written by Kai

こんにちわ、みなさん競馬したことはありますか??

有名なところだと有馬記念などは普段競馬をしない人でもお祭り感覚で楽しんでいるのではないでしょうか。

そんな競馬ですが、馬のオーナーである『馬主』になるにはどうすればいいのか知っていますか??結構厳しい条件があるみたいですが、どうしたらなれるのでしょうか。

また、馬主になるとどんな夢があるのかも紹介します。(様々な形態がありますが、今回は個人馬主のことを馬主として紹介します。)



スポンサーリンク

一攫千金!?競走馬の馬主になるには??

過去2年の所得金額が1700万円以上

競走馬を持つことは非常にお金がかかります。

ですので中央競馬の馬主になるにはそれなりの収入がなければ審査が通りません。

過去2年の収入が1700万円以上となるとなかなかのお金持ちでなければなることができません。

ちなみに地方競馬であれば、1700万円は必要なく、500万円以上からできるようです。

資産総額が7500万円以上

これもまた大変な審査基準です。

馬を買うということは、その馬が競走馬としてしっかりと成長できる環境を整えられる資産が必要というわけです。

1頭の競走馬を育てるだけで相当なお金がかかることがわかります。

何にそんなお金がかかるのか

競走馬を育てるにあたり、

  • 牧場に預けたり
  • トレーニングセンターに預けたり
  • 調教にかかる費用や騎手に騎乗を依頼する

など色々なところでお金がかかります。その費用は年間数百万~1千万円ほどかかるそうです、もちろん1頭あたりです。

そもそも競走馬自体をを買うのも一括払いですから、審査に受かっても馬を買えないなんて状況にもなりかねません。

なんせ一頭の競走馬で億を平気で超える世界ですから。

馬主になるメリットとは

自分の馬でレースを勝つ喜びを味わえる

競走馬がレースで活躍するまでには、色々な人と関わります。自分の購入した馬を勝たせるために様々な人たちが努力し、育てます。

自分だけでなく、自分の馬に関わった人たちと一緒に迎える最高の瞬間は相当気持ちのいいものでしょう。

賞金が稼げる

競馬のレースには賞金が割り当てられています。基本的には5着までに決まった賞金が割り当てられています。日本の1番多い賞金は、『有馬記念』と『ジャパンカップ』の3億円となります。

自分の馬が1着でゴールすれば3億円の賞金を獲得できるわけです。

宝くじ並みですね、夢のような話です。

しかし獲得した賞金が馬主に全て入るわけではありません。

その中から20%が騎手や調教師、厩務員に配られます。

そして残った80%が馬主に入ります。分配してもかなりの金額が残りますね、すごい世界です。

名馬を育てれば、種付料がすごいことになる

名馬になれば、牡馬(オス馬)に限りますが種付量がすごいことになります。ブラッドスポーツと呼ばれる競馬は、血統と呼ばれる家系図のようなものが非常に重視されます。

そのため、名馬になるとその子供を自分の競走馬に種付してくださいという人がたくさん出てきます。

牝馬(メス馬)1頭あたりにお金が発生し、それを年間200頭とかをこなしますので下手したら現役時代より稼ぎます。

ちなみにみなさんがご存知のディープインパクトの種付料は3000万円といわれています。名馬は競走馬引退後もすごい額を稼ぎます。

日々自分の馬の成長が見れる

馬主になれば、三浦や栗東といったトレーニングセンターに入ることができます。

そこに行けば愛馬がいますので、触れ合ったり成長を見ることができます。

犬や猫のようなペットとはサイズも違いますし、少し感覚は違うかもしれませんが、自分の馬というだけで愛が溢れるのは間違い無いですしかなり可愛いと思います。

そんな愛馬の成長を見れるのは馬主ならではの特権だといえます。

簡単には手が出せないが、馬主は夢がある

いかがでしたでしょうか。かなりお金はかかりそうですが、すごく楽しそうです。賞金の額もかなり破格のものですし、競馬は夢のあるスポーツです。

また自分の愛馬が現役を引退した後も、種付した子供達が次の世代で競う姿を見れたりするのもブラッドスポーツと呼ばれている競馬ならではのことです。

ただのギャンブルに見えるかもしれませんが、かなり歴史のあるスポーツですので、気になってお金のある人はぜひ馬主になってみてはいかがでしょうか。

ご覧いただきまして、ありがとうございます。

まさケロンのひとこと

これはお金だけじゃできない、なんというか、とんでもなく熱い気持ちが必要な気がする!

masakeron-oko


スポンサーリンク

あなたにオススメの記事

筆者情報

Kai

静岡出身のフリーライターのKaiです。サッカーとapple製品が大好きです。現在は日常の小さな幸せを感じる事に本気を出してます。