バレンタイン

外国のバレンタインデー過ごし方!恋人と過ごすのは世界共通?

Written by たき

以前書いた記事「バレンタインに本命の人へのチョコの渡し方」

このなかで、バレンタインにチョコを渡すのは日本独特の文化だと少し触れました。

そうすると、外国のバレンタインデーは?

気になりますよね。

そこで今回は、海外のバレンタインデーについて調べてみました。



スポンサーリンク

バレンタインデーって何の日?

男女の愛を誓い合う日

2月14日バレンタインデーの日ですね。そもそも、この日って何の日でしょうか?

世界各地で「男女の愛を誓い合う日」とされています。

元々、269年ローマ皇帝が迫害している中、自らの信仰のため命を落とした「聖ウァレンティヌス」に由来する記念日が西方教会がある地域に広く伝えられたのです。

外国のバレンタインデー

やはり、国によって色々なバレンタインデーの過ごし方があるみたいです。

渡すものも少し違いますよ。

アメリカの場合

アメリカ全土では、バレンタインというと「男性から女性にプレゼントを渡すのが一般的」だそうです。

子ども達の場合は、友達同士でカードを交換したり、お菓子を交換したりします。

恋人や夫婦同士だと、レストランなどでロマンチックな食事をするのです。

アメリカでは、義理チョコという感じで友人にチョコを配る人もいます。

チョコ(お菓子)はあくまで「義理」なんです。

ロシアの場合

ロシアでもバレンタインデーは

恋人の日

と言われています。

愛する人同士が、プレゼントをしあい、一緒に過ごすお祝いの日になります。

ロシアは、レディーファーストのマナーが徹底されている素晴らしい国です。

そして2月14日には、街中でバラの花束を持った男性をよく見かけるのだとか。

インドの場合

インドでも、バレンタインデーにはチョコもしくは花束を渡すそうです。

しかし、日本の場合とは少し違います。

それは・・・

「男性から女性に渡す」ところです。

日本での場合は、女性から男性にチョコを渡しますよね。

インドの場合はその逆なのです。

フランスの場合

チョコの元祖フランスでのバレンタインデーでは、

チョコのプレゼントはありません・・・。

しかし、他の国と同じように恋人と過ごすのが一般的です。

フランス語で、バレンタインのことを

La Saint-Valentain(ラ・サンヴァロンタ)

といいます。「恋人たちのお祭」といわれているのです。

まさケロンのひとこと

やっぱり、どこに国でも恋人と過ごすのは変わらんのやね!
互いの愛を誓い合う日・・・
めっちゃロマンチックやないか。

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。