健康・医療の豆知識

心筋シートで心筋症を治せる?実用化で負担が少ない手術に

Written by たき

皆さんは、毎週木曜日の22時からフジテレビで放送している「医龍4~Team Medical Dragon~」というドラマを見ていますか?

まだ2話目ですが、私は毎週欠かさず見ています。

先日放送された2話の中で

心筋シート

というワードが出てきていました。

聞きなれないワードですよね。

そこで今回は、この「心筋シート」とは、何なのかを紹介したいと思います。

※少しドラマの内容にも触れるので注意してください



スポンサーリンク

心筋症とは?

心筋症とは、心臓機能に障害が出る病気です。

初期段階の時点では自覚症状があまりありません。

しかし、病状が進むに連れて

  • 浮腫(ふしゅ)
  • 湿性咳嗽(しっせいがいそう)
  • 頸静脈怒張(けいじょうみゃくどちょう)

などの身体の障害が症状としてあらわれます。

これらの症状が見られた後、診断されてからの生存率は・・・

5年で54%

10年だと36%

となります。

しかし、最近では医療技術向上により、5年で76%の生存率まで上がってきているのです。

一番有効な処置方法が、心臓移植となります。

しかし、日本でのドナーには年齢制限があるので、すぐにドナーを見つけることは出来ないのです。

「脳死」での臓器提供は、15歳以上でなければなドナーとなることは出来ないのです。

なお、「心臓停止後」の腎臓提供は、遺族の了承があれば、14歳以下でもドナーになることが出来る僧です。

現在、日本全国で1年間に18歳未満の子供が心筋症にかかる数はなんと・・・

70~100人

1年間にですよ。

こんなに多くの子供が今も心筋症で苦しんでいるのです。

心筋シートとは?

心筋シートとは、筋肉から作った

細胞シート

のことです。

太ももから筋肉を採取し、筋芽細胞(きんがさいぼう)と呼ばれる筋繊維の元となる細胞を抜き取ります。

そして、この筋芽細胞を1ヶ月以上かけて培養し、シート状に作るのです。

実際に、心筋シートを作る事には成功しているのですが、臨床研究や治験段階なのでまだ実用化はされていません。

現在も、

大阪大学心臓血管外科

東京女子医科大学 先端生命医科研究所

などの方々が研究を進めています。

実用化されると、どのように役立つの?

実用化されることにより、多くの命を救うことが出来るのです!

医龍4の劇中でもいっていたように、従来の手術だと心臓をメスで切ることになります。

しかし、この「心筋シート」を使うことにより、心臓にメスをいれること無く手術をすることが出来るのです。

心臓に直接貼るだけなので、患者への負担を大幅に軽減出来ます。

効果については、「心筋シート」からサイトカインというタンパク質が分泌されることにより、新しく毛細血管が出来たり、弱っていた細胞が元気になったり、という効果を得ることが出来るのです。

なお、患者さん自身の細胞を使って「心筋シート」を作つくるので、拒絶反応を起こす心配はありません。

一刻も早く研究が進んで、心筋症で苦しんでいる方々を治せる事を祈っています。

まさケロンのひとこと

心筋症の人の生存率が上がってきてるっていっても、まだ24%もの人がお亡くなりになられてるっていうのが現実やで・・・
なるべく早く研究が進んで、早く認可が降りることを心の底からねがってるで

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

たき

TRENDRIPPLE(とれんどりっぷる)応援キャラクターの「まさケロン」になりたいと思っていますが、なれそうにありません。