アンチエイジング 春野菜・山菜 食の豆知識

春野菜が苦手?苦味も食べやすく工夫してからだに元気チャージ!

Written by すずき大和

寒くて長い冬もそろそろ終り、ようやく日差しも春らしくなってきました。

八百屋さんにも春らしい色がたくさん並ぶようになってきました。

一年中見られる野菜も多くありますが、この時季は一年で一番、旬を感じる食材が多く出回ります。

旬の野菜はからだにもとてもいいものですね。が、そうとはわかっていても、春の野菜は独特の苦味が苦手でつい敬遠してる、っていう人いませんか?



スポンサーリンク

栄養満タン!芽吹きの時季の野菜の恐るべきパワー

色鮮やかで香りもよい春野菜たち、そのまま食べずに放っておくのは、あまりにももったいないです。

冬の間に蓄えたパワーが一気に集まる先っぽ

芽吹いたばかりの緑色が目にも鮮やかなタラの芽ふきのとう、ニョッキリ頭をもたげるわらびぜんまい、土を押しのけまっすぐ伸びるたけのこウド・・・。

生まれたばかりの赤ちゃんのような、伸びてきたばかりの柔らかい芽や茎を食べる春野菜。

どれもこれも、冬の間、ずっとずっと静かに蓄え続けた栄養の多くを先端に集中させ、懇親の力で一気に芽吹いた野菜たちです。その先っぽには、夏に向かって大きくなるためのパワーが満タンなんです。

溜まった毒素をからだの外に出してくれる優れものたち

赤ちゃんを守る栄養素たちは、悪いものを追いだし、新しい細胞を元気にする力をたくさん持っています。

それらは、寒い時期に新陳代謝の落ちていた人間の体の中も綺麗にしてくれるものです。

苦味の正体ポリフェノールは、活性酸素を取り除き、老化の進行を遅くします。

もうひとつの苦味成分アルカロイド類は、新陳代謝を促して、消化も活発にします。

のびるや菜の花などの葉っぱには美肌効果のビタミンC、セリやウドには血圧を下げるカリウムもたくさん入っています。

とれたて野菜にプラスワン食材で苦味をまろやかに

でもやっぱり苦いと食べにくい人もいますね。だったら、苦味さえなんとかしてしまえばいいんです。

直売所で買うよりスーパーで買う方が苦い?

スーパーで売ってるのは食べられないけれど、実家から送ってきたのは大丈夫、という話もよく聞きます。

たけのこでも菜の花でも、採れたてすぐのほうが、みずみずしさも甘味も強いので、苦味を感じにくいのです。

できるだけ新鮮なものを買ってすぐ調理することも、食べやすく美味しくするコツです。

ビタミンなど時間と共に減ってしまう栄養も、新鮮なほどたくさん摂れます。

苦味をマイナスするより、美味しさをプラスする

苦味を減らすためにはあく抜きも効果的です。

が、あくの正体=苦味成分ですから、大事な栄養ごと捨ててしまうことになります。

長時間水にさらしてあく抜きするよりも、苦味をマイルドにする食材と一緒に調理して、栄養をマイナスすることなく食べましょう。

苦味を緩和して味もよくするものは

  • チーズ
  • ナッツ

などがオススメです。

てんぷらにすると、茹でるだけよりだいぶ食べやすくなります。

チーズ焼き、クルミあえなどは、クリーミーな食感と甘味もプラスされます。

旨み成分は味をまろやかにするので、お浸しにはしょう油だけでなくだししょう油を使い、削り節もたくさんかけましょう。

ヨーグルト和えなどもいいですね。

子どもの時からずっとずっとアンチエイジング

子どもの時に苦くてマズイ思いをして食べなくなると、大人になってもなかなか克服しずらくなります。

お母さん、お父さん、子どもは新陳代謝激しいから食べさせなくてもいいや、なんて思わずに、20年、30年後のアンチエイジングを考えて、子どもの時から好きになるよう、仕向けてあげてください。

せっかくの自然の大いなる恵です。

苦手といわず、いろいろ工夫して美味しくしてください。春野菜、ぜひ上手に活用して、若々しい元気なからだを作ってください。

まさケロンのひとこと

まさケロンも、子供の頃は野菜嫌いやったけど、大人になって食べれる野菜がふえたで!
「しそ」とかめっちゃ好きになったしなぁ~

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。