引越し

引越しの手続き一覧。役所関連と生活に必須のもの

Written by ぽぷらこ

前回の続きになります。

くわしくはこちら!

「引越しの手順一覧。賃貸解約と粗大ゴミ、転校届け」

引越しは大抵の方は慣れていませんから、引越しが決まったら、はやめはやめの準備が必要です。

手順よく進めるためにも、何をしないといけないかは把握しておきたいですよね。



スポンサーリンク

忘れたら大変なことに!?引越し前にしておくこと。その2「役所関連と生活に必須のもの」

さて、今回からは、お役所への手続きなどが含まれています。

ややこしいんですよね。

お役所の手続きは。

まとめてできるものは一気に済ませましょうね!

電話の移転

これも予約制なので、引越しの日程が決まり次第、早急に予約をいれましょう。

やはり引越しシーズンは混み合いますからね。

早めが安心です。

転出届または転居届

異なる市区町村に引っ越す場合は転出届、同じ市区町村の場合は転居届を提出します。

同じ市区町村に引っ越す場合は、引越しをしてから14日以内に「転居届」を提出すればよいですが、違う市区町村に引っ越す場合は、引越しまでに「転出届」を提出して、その時に発行してもらった転出証明書をもって、引越し先の役所で「転入届」を提出します。

国民健康保険も引越し

異なる市区町村に引越しをする場合、引っ越す前に役所に行き国民健康保険の資格喪失の手続きを行います。

同じ市区町村の場合は住所変更を行います。

印鑑が必要です。

  • 児童手当
  • 介護保健
  • 医療助成金関係

該当する方は、

  • 学校教育
  • 児童福祉課
  • 介護福祉課

などが担当ですので、事前に最新の情報を確認してから手続きを行ってくださいね。

電気、ガス、水道の引越し

  • 電力会社
  • ガス会社
  • 水道局

に転移の連絡を入れます。

連絡先は領収書などに書かれてありますよ。

立ち会いが必要になってくる場合がありますので、早めに連絡をして予定に組み込んでおくのがマル。

郵便局に転移届けをだす

これはカンタンです。

引越しの一週間前までに、郵便物の転送手続きを行います。

郵便局へ行き「転居届はがき」をもらい書いて投函するだけ。

銀行や保健の引越し

お金関係で大切なものなので、しっかりと手続きを済ませておきましょう。

住所変更手続きが必要です。

引越し先の近くにお目当ての銀行があれば、そこに行くと手続きをしてくれますよ。

最近はインターネットでも、住所変更届を行えますので忙しい時はネットでも大丈夫です。

便利ですよね!

NHK、新聞の引越し

引越し先でも同じ新聞をとる場合はその旨を伝えておくと後がスムーズに進みます。

これで主な手続き関連は羅列できていると思います。

書いているだけ疲れてくるほどの量ですよね。

本来の引越し作業は含まれていないのにうんざりな感じがしますが、ここは気合いを入れて要領よくこなしてください!

まさケロンのひとこと

敷金は返ってくるお金やけど、礼金は帰ってこやんねんで!
知っとったかぁ~?

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ぽぷらこ