健康・医療の豆知識 食の豆知識

コーヒーに入ってるカフェインはどれくらい飲んでも大丈夫?

Written by ちょこばなな

皆さんコーヒーは飲まれてますか?

少し眠たくなってしまう昼食後や寝起きの頭をスッキリさせる為に1杯、家でのリラックスタイムにまた1杯と1日どれくらい飲まれてますか?

コーヒーが好きな方はこれに限らずつい1杯、もう1杯とついつい飲んでしまうのではないでしょうか?

でもいくら好きなものでも飲みすぎは禁物

ですがどのくらい飲んだら飲みすぎになるんでしょうか?

今回はそちらを調べてみました。



スポンサーリンク

コーヒーの飲みすぎにはご注意ください

コーヒーに入っている成分といえば

カフェイン

このカフェインを摂取しすぎると中毒になるので注意が必要です。

カフェインとは?

そもそもこのカフェインというものはなんなんでしょうか?

カフェインはアルカロイドの一種で

  • コーヒー
  • 紅茶
  • チョコレート
  • 栄養ドリンク
  • 一部の医薬品

に含まれています。

これらの代表的な飲み物に入っているのでカフェインを毎日飲んでいる方はたくさんいます。

カフェインの作用として目が覚めたり、集中力が上がったりしますが、効果は長続きせずだいたい3時間程度で体外に排出されます。

コーヒーにはどれくらい入っているの?

抽出方法によってだいぶかわってきますが

  • インスタントコーヒーの場合235mlで62mg
  • 豆から抽出したコーヒーの場合235mlで95mg
  • コーヒー味のアイスクリーム1/2カップで30mg

インスタントコーヒーより豆から抽出したほうがカフェインが多いんですね。

コーヒー以外にも

  • 緑茶の場合235mlで30~50mg
  • 紅茶の場合235mlで47mg
  • コカ・コーラの場合350mlで35mg

どのくらいから飲みすぎになるのか

では、実際どのくらい飲んだら飲みすぎになるのでしょうか?

カフェインが人に与える影響力は人によって大きく変わってきます。

なので1日何杯までとは一概には言えませんが1日4杯以内に抑えるのが良いようです。

ちなみに1日7杯以上コーヒーを飲まれる方は少し量を減らしたほうがいいとのことです。

また不眠症やイライラ、心拍数上昇などの症状がある方も、コーヒーの摂取量を減らしたほうが健康に良いとのことです。

ちなみにカフェインの最高摂取量は100gというものがありますが、これを普通の人が飲むとかなり高い確率で死んでしまうので絶対に試さないでくださいね。

カフェイン自体かなり苦いので100gなんて凄いですよね。

どんなに好きなものでも取りすぎは身体に悪いということですね。

適量を守って美味しくコーヒーをいただきましょう!

まさケロンのひとこと

カフェインを摂取しすぎると死んでしまうって・・・
何でも、やりすぎはあかんってことやねぇ~

masakeron-surprised


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ちょこばなな