ダイエット

MOON SCALEで地球の重力から解放。月モードで6分の1表示

Written by 言祝(kotoho)

体重は毎日量らないといけません

自分の体重を把握する

自分の体重を知るということは一般的に思われているよりずっと大切なことだと思います。

自分の服のサイズを知らない人はあまりいません。

でも、体重となると厳密に把握している人は少ないのではないでしょうか。

特にダイエット中の人は毎日の体重を知ることはモチベーションを高める意味でも必須といえるでしょう。

自分の重さを知ることによって、どれぐらい体重を落とさなければいけないのかが自覚できます。

体重を減らしたいと考えている人にとっては今の自分の重さを知るというのは、現実を知るのと同じことです。

現実に眼を向けないと先に進むことはできません。

表示される数字はプレッシャーになる

ダイエットには長期的な計画が必要です。

食事制限をしたり運動を続けたとしてもそれが2~3日程度では体重の変化は望めないでしょう。

継続して続けることで効果が期待できるのです。

とはいえ毎日体重計に乗るのは以外とプレッシャーかもしれません。

ダイエットを始めて1ヶ月経つのにほとんど変化がない、なんて落ち込むこともあることでしょう。

今日は減っているだろう、と願いながら目をつぶって体重計に乗る。

ゆっくりと目を開いて表示された数字を確認する。

そこには全く変化のない残酷な数字が表示されている。

こんなことが続くと体重を量ることが重荷になってしまい、ダイエットを投げ出したくなってしまうこともあるかもしれませんが、無理もないことです。



スポンサーリンク

月モードで体重が6分の1に

地球モードと月モード

さて、月の重力は地球の6分の1です。

とうぜん体重も6分の1に減ります。

いま60キロの人は、月での体重は10キロになります。

ハシートップインから発売されたユニークな体重計

MOON SCALE(ムーンスケール)

は体重に悩む人にささやかな現実逃避を提供してくれます。

なんと月での体重を量ることができるのです。

「MOON SCALE」には地球モードと月モードの2つが用意されています。

地球モードで量った場合は通常の体重、月モードで量るとまるで月面で体重計に乗ったかのような6分の1の体重を表示してくれるのです。

デザインもGOOD

これはうれしい機能です。

地球では60キロだけど…月では10キロだ

なんてこともできます。

もちろん現実に体重が減ったわけではないのですが、6分の1表示になっただけでも体重計に乗るプレッシャーが軽減されるのではないでしょうか。

またデザインも秀逸です。

月面の形をしており一見するとまったく体重計には見えません。

価格は3480円

MOON SCALEでささやかな現実逃避を楽しんでみませんか?

まさケロンのひとこと

なんや面白そうな体重計があるねんなぁ~
まさケロンの体重は…
内緒やで!

masakeron-happy


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

言祝(kotoho)

映画オタク。日課は読書。最近は料理にハマっています。座右の銘は「好奇心を失ったら、そこで終わり」