健康・医療の豆知識 肩こり

低気圧と体調不良。肩こりには大きな関係があった?!

Written by ぽぷらこ
  • 梅雨時になるとどうも体調が悪い
  • 偏頭痛が悪化する

という人から

  • 台風が近づくにつれて頭が痛くなる
  • 天気によって体調が左右される
  • 肩こりがする

などなど、季節や天候によって体調が左右されるという人は意外に多いということがいわれています。

そんなのさぼりたいだけじゃないの?

意味がわかんない

なんて自分に症状がないと思ってしまいがちですが、実際に

天候と体調

相関関係は認められています。

今回は、この悩みについてご紹介いたします。



スポンサーリンク

なぜ低気圧になると体調が悪くなるの?

晴天の日は高気圧になり雨の日は大気の気圧が低下して低気圧になるというのが、一般的な大気圧の動きです。

1気圧というのはカンタンにいうと

1の力で全身が大気から常に押されている

という状態です。

この気圧によって押されているという状態がポイント。

低気圧になってしまうと押される力が弱まり、体が膨張します。

膨張してしまうと血管やリンパの流れが低下してしまうんですね。

ですので、血液の循環が悪くなってしまいます。

これが、体調不良の原因だったのですね。

ホースに例えるとわかりやすい

この低気圧と血流の関係、わかりやすい例えで水を撒くときのホースがあります。

遠くまで水を飛ばしたいときに、ホースの口の部分を指で抑えませんか?

あれはをかけているということ。

そうすると水がでてくる勢いが増しますよね。

この逆の状態が低気圧のときの血液の流れの状態なんです。

圧が足りなくて勢いがなく流れが悪くなってしまうんですね。

低気圧によって現れる体の不調

個人差がありますが、この気圧の変化によって現れる体調不良にはさまざまなものがあります。

  • 頭痛
  • 肩こり
  • 歯痛
  • 体のだるさ
  • 体調不良
  • 喘息
  • めまい
  • だるさ
  • しびれ
  • うつ症状
  • 眠気
  • 花粉症の症状
  • 関節痛

などなど体調の変化の種類は多岐にわたります。

なんで急に体調がすぐれなくなったんだろうと原因がわからない方はもしかしたら気圧の関係があるのかもしれません。

低気圧 台風の影響

天気の悪い日、つまり低気圧の日が続く梅雨どきに体調を崩す方が多いのもこの気圧が大きく関係しているといわれています。

また、台風が近づいてくると

  • 喘息が悪化する
  • めまいがする
  • 体調が悪化する

なんていう人もいます。

台風が近づくと対策もしないといけないのに体調まで悪化してしまうと大変ですよね。

次回は、この低気圧による体調不良を防ぐための方法をご紹介いたします。

まさケロンのひとこと

台風が近づくと、関節が痛むって人はこれが原因やってんなぁ~
気圧によって体調が左右されるって困ったもんやな・・・

masakeron-sorrow


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

ぽぷらこ