5月生まれ 占星術・星座占い

5月生まれの星占い/朝の運勢チェックは牡牛座or双子座で

Written by すずき大和

毎朝、テレビのニュースや新聞の片隅に載っている「星占い」をチェックするのが大好きな人に贈る、5月生まれの人の「自分の生まれ星座」情報をお届けします。

日本人は世界で最も星座占いが大好きな国民のひとつです。

毎朝「生まれ星座」の占いをチェックする、という文化は、アメリカで流行したサブカルチャーですが、日本にもそのまま輸入され、すっかり根付いています。

「星占いなんて信じない!」

という人も、ちゃんと自分の生まれ星座を知っています。

それ、学校でも病院でも教えてくれませんよ。やっぱり、思わずチェックしてしまった体験が、一度ならずあるのではありませんか?



スポンサーリンク

5月生まれのあなたは何座?

サン・サイン占星術の生まれ星座

毎朝一喜一憂している生まれ星座の星占いは、西洋占星術を簡略化した占い遊びです。

正式には

『サン・サイン占星術』

といいます。

西洋占星術は、生まれた日のいくつかの惑星の位置や「サイン」または「宮(きゅう)」と呼ばれる太陽の位置するエリアから判断します。が、サン・サイン占星術は、生まれ年に関わらず、サイン、つまり太陽の位置だけで判断されます。

5月生まれの人の場合、

  • 5/1~20生まれの人は、『金牛宮(キンギュウキュウ)』というサインの生まれです。
  • 5/21~31生まれの人は、『双児宮(ソウジキュウ)』です。

サインを星座でいい表したのが「生まれ星座」です。

  • 金牛宮は「牡牛座」です
  • 双児宮は「双子座」です。

判断の根拠は西洋占星術

占いの判断も、西洋占星術を元に割り出されています。

牡牛座の人の運勢は、「金星」に支配され、4大元素(エレメント)の「土(地)」の力の影響を受けています。現実的、内向的で、攻めより守りに入るタイプの性格です。

双子座の人の運勢は、「水星」に支配され、エレメントは「風(空気)」です。クールで理論的に分析するタイプですが、情感は薄いほうです。

毎日の運・不運の占いは、大雑把にいうと、これらの支配されている惑星や、エレメントと、その日の惑星の位置などとの相性で判断されています。

もっと細かい性格判断には、サインのもととなっている星座のイメージが反映されている、と思われるような記述が少なくありません。解釈が人によって若干違うようで、占い師さんによって表現がいろいろあります。ネットでも、無料で診断してくれるサイトがたくさんあるので、良かったら見てみてください。

実際の太陽の位置の星座は、サインの星座とは違う

西洋占星術は、古代のバビロニアの占星術が元になっています。サインも、バビロニア時代(約3000年前)に作られた十二宮が元です。サインは、黄道(天空の太陽の通り道)の春分点をゼロとして12分割してあります。

が、実は黄道に太陽がいる位置は、72年に1°ずつズレています。バビロニア時代と比べ、現在はだいたい星座ひとつ分ズレました。

同じバビロニアの占星術を元に発展したインド占星術では、誕生日の月の位置を元にした占いと、十二宮を元にした占いをミックスして判断しています。ここで使われる十二宮は、春分点ではなく星座を起点にして分割するので、サインと星座が今でも合っています。

ちなみに、インド占星術では、

  • 5/1~14生まれの人は、『白羊宮(ハクヨウキュウ)』・牡羊座生まれになります。
  • 5/15~31生まれの人は、『金牛宮』・牡牛座生まれです。

13星座占いだとどうなるのか?

実際の太陽の位置

実際の星座の大きさはバラバラなので、等角で黄道を12分割したサインの中には、その区間の一部が隣の星座に掛かっている場合も少なくありません。また、現在の黄道は、さそり座と射手座の間にへびつかい座の一部を通過しています。

そのため、1995年に天文学者のミットン氏が、イギリスの新聞記事の中で、ジョークで、

「占星術でのサインは天文学的にはおかしい。正しく占うなら、実際に今の時代の太陽のいる位置の星座に合わせてサインも分けるべきだ。」

という意見を述べました。すると、本当にへびつかい座も入れた13星座のサインに分けた

『13星座占い』

を発表した占星術師が、海外でも日本でも複数出現しました。

13星座占いでは、5月生まれの星座は、インド占星術の分け方と同じになります。

13星座占いは、正しい判断になったのか?

海外でも日本でも、13星座占いは、サインの期間だけを実際に太陽の位置に合わせて調整しました。が、支配惑星やエレメントは、西洋占星術の十二宮のものをそのまま転用し、へびつかい座については、支配惑星は射手座と同じ、エレメントはさそり座と同じにしました。

しかし、十二宮は惑星の位置等は春分点を基準にした角度で判断しており、異なっているのは星座だけです。そのまま13星座占いに転用すると、運勢を決めるのに大事な惑星位置の設定が狂ってしまいます。

生まれた日の惑星の位置がその後の運勢を司っているのならば、13星座占いで割り振られた生まれ星座で毎朝の運勢チェックをしても当たりませんよね。

もともとジョークから生まれたものですし、多くの専門家は懐疑的だったので、結局一時のブームで終わることになりました。

ただし、星座を元にした性格判断の部分は、近くなったかもしれません。

占いですから、所詮、当たるも八卦当たらぬも八卦・・・お好きな占いを信じてください。

まさケロンのひとこと

「サン・サイン占星術」と「インド占星術」で星座が変わっちゃう人は、常に良い占いの方を信じてみよう!ポジティブに動いてたら運気が上がってくると思うよ〜。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

すずき大和

調べもの大好き、文章書くことも人に説明することも好きなので、どんな仕事についても、気付くと情報のコーディネイトをする立場の仕事が回ってきました。好奇心とおせっかい心と、元来の細かい所が気になると追求してしまう性格をフルに発揮して、いろいろなジャンルのコラムを書いています。