ダイエット

ランニングはダイエットに効く??ランニングがもたらす効果とは。

Written by Kai

皆さん運動してますか??

社会人になると意識していないと運動する機会が減ってしまうと思います。ジムに通っている人もいるかと思いますがなかなか時間がない人もいるかと思います。

そんな中で気軽にできるものがランニングだと思います。ジムに通っていない人でもランニングをしている人は結構いるのではないでしょうか。またランニングはダイエットし始めの人にも人気です。

そんなランニングはどんな効果をもたらすのでしょうか。またダイエットに効果はあるのでしょうか。今回はそんなお話です。



スポンサーリンク

ランニングはダイエットに効果的なのか

ダイエットし始める人が一番気軽に行える運動として人気のランニング、どれくらい効果があるのでしょうか。

脂肪は燃焼される!?

脂肪は燃焼されます。ランニングだけで燃焼できる脂肪は僅かですが、ランニングという有酸素運動をすることで脂肪を燃焼しやすい体を作ることができます。

ウォーキングよりは効果が高い

ランニングの方がウォーキングよりは筋肉を使いますので、脂肪を筋肉に変換してくれます。脂肪が筋肉に変わることで体重はあまり変わらなくても、体が引き締まりますので見た目は大きく変わります。

どのくらいの時間走れば良いの??

ランニングでは脂肪燃焼が始まるのが20分を過ぎた頃からとされています。しかしこれは最終目標でいいです。無理せず20分以上走れる体を作ってから取り組むようにしましょう。

どれくらいの頻度で行うの??

ベストなのは毎日走ることです。

しかし、体が出来ていない時から毎日走ってしまっては肉体の疲労が脂肪燃焼を妨げてしまいます。

週3か週4くらいから徐々に疲労を感じない体を作っていき、最終的に毎日走るようになることがベストです。

ダイエットでのランニングの注意点

ずっと運動をしていなかった人がいきなりランニングを始めて、長時間走ったり、長距離走ってヘトヘトになってしまっては、その後なかなか続かないと思います。体にも大変負担がかかってしまうのでまずはウォーキングから始め、体を慣らしていきましょう。

ダイエット以外にもランニングには効果が!?

ストレス解消

ランニングのようなリズム感のある運動で分泌が高まる『セトロニン』という物質があります。このセトロニンは精神を安定させてくれる効果がありますので、ストレスを感じやすい体質の人などはランニングをすることで毎日安定した精神で過ごせるかもしれません。

いいアイデアが浮かぶ

一度は耳にしたことがあるかもしれませんが、いいアイデアを持っている人はランニングが日課だったりします。ランニングは基本一人でやることですので、自分との対話の時間が毎日取れます。

そこで普段デスクの前では思い浮かばないアイデアに出会ったりするわけです。何かに行き詰まってしまったら一度机をはなれ、ランニングしてみてはいかがでしょうか。

肩こりの改善

肩こりの原因は血行不良です。

デスクワークや、同じ体制が多い仕事の人は血行が悪くなっています。それをランニングすることによって血流の流れをよくし、コリを解消することが出来ます。普段から肩こりに悩んでいる人はランニングによって良くなるかもしれません。

美肌効果

ランニングで血行をよくすることによって、肌のターンオーバーを活性化します。ここが活性化することで古い角質がとれ、肌が若返ります。健康的な肌は健康的な体作りからということです。

ランニングは良いことが沢山あった!!

運動できる格好さえあれば気軽に始められるランニングは、体に良いことが多いです。ダイエット効果だけでなく、ストレス解消や肩こり改善にも効くので痩せる以外の目的でもランニングをする価値はあると思います。

まずは自分のできる範囲から始めて、継続することを意識して取り組んでいきましょう。

ご覧頂きまして、ありがとうございました。

まさケロンのひとこと

無理せず自分のペースでコツコツやっていくことが大事だね!最近まさケロンのまわりでランニングはじめた人いるけど、丸顔だったのがスリムになった気がするな~。

masakeron-love


スポンサーリンク
Tweet about this on TwitterShare on FacebookShare on Google+

あなたにオススメの記事

筆者情報

Kai

静岡出身のフリーライターのKaiです。サッカーとapple製品が大好きです。現在は日常の小さな幸せを感じる事に本気を出してます。